ひぐらしのなく頃に アンソロジーノベル・弐(2) (ソフガレノベルズ)

  • Softgarage
2.94
  • (0)
  • (0)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861330612

作品紹介・あらすじ

同人ゲームながら大ブレイク中の『ひぐらしのなく頃に』アンソロジーノベル第2弾!ゲームは、コミカルな登場キャラクターたちと、それに相反する凄惨な連続殺人事件をテーマとするサウンドノベル。アンソロジーノベルでは、ライター独自の設定やシチュエーションによるオリジナル短編を5本掲載。表紙イラストに高苗京鈴、挿絵に鷹鳥海、みづきたけひと、森圭治、天羽真理、丸ちゃん。など豪華イラストレーターが参加。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1巻目に比べて謎解きは皆無。
    すでに解決編が出始めてたからかな?
    手持ちのアンソロはここまで。

    [目隠し鬼(御門智/みづきたけひこ)]
    闇鍋で圭一が箸で掴んだ魅音の唇をハムハムするかの話。
    日常回で楽しく読めました。

    [HAPPY DATE(まじか/鷹鳥海)]
    いつも男勝りな魅音を圭一がデートに誘って女の子扱いする話。
    ニヤニヤです。

    [雛見沢お宝大作戦(桐生春斗/天羽真理)]
    詩音と魅音が周りを巻き込んで宝探しでゲームをする話。
    登場人物が多いけど内容は薄め。

    [ぱじゃまでおじゃま(守靖ヒロヤ/丸ちゃん。)]
    ぱじゃまというより、皆で園崎家にあるという温泉に入る話。
    原作では温泉なんて話なかったような気もするけど、火山ガスがどうとか言ってたのでさほど違和感はなかった。
    思春期だし、家の事情で人に背中を見られたくなったりと色々あるよといったっ感じ。

    [朱に染まる空(睦月透也/森圭治)]
    梨花視点で、本人が死ぬ日の心境を表したもの。
    この態度が皆殺し編とかにもつながるんだけどね。

  • シリーズ第2弾。

    第1話「目隠し鬼」と第2話「HAPPY DATE」は、どちらも圭一×魅音のラブコメ。著者御門智、イラストみづきたけひとが担当している第1話は、圭一たちが闇鍋をおこなう話。著者まじか、イラスト鷹島海が担当している第2話は、圭一と魅音がデートする話。

    第3話「雛見沢お宝大決戦」は、著者桐生春斗、イラスト天羽真理の作品。圭一たちと、詩音、入江、富竹、鷹野、知恵先生が、宝探しをする話。

    第4話「ぱじゃまでおじゃま」は、著者守靖ヒロヤ、イラスト丸ちゃん。の作品。圭一たちが温泉に出かける話です。

    第5話「主に染まる空」は、著者睦月透也、イラスト森圭治の作品。梨花の視点から、本編第4話の事件当日を描いた、少しせつないストーリーです。

    表紙イラストは、高苗京鈴とみづきたけひとが担当しています。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

【参加作家陣】明地雫アシズキうさみするがFCT桐灰きねそ銀一こうましろさんた茉莉スミヤtenkla脳みそホエホエみぶなつきわたのん

「2015年 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 公式アンソロジーコミック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アンソロジーの作品

ツイートする