愛の言霊2 (Dariaコミックス)

著者 :
  • フロンティアワークス
3.60
  • (27)
  • (32)
  • (72)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :248
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784861340116

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんでこんなに、すてきな男の子たちが描けるんだろう。立花と大谷があまりに好きで大変です。アルとしょうくんもだいすき。精一杯恋をしていて、がんばって恋を長続きさせようとしてて、二人が愛しくてどうしようもない。

  • 立花×大谷の、高校時代のお話が中心。
    2人が、どう近づいていったのかを見ることで
    1巻が更に味わい深く楽しめるかと。

    初キスの直後の大谷のアップが
    いっとう大好きですよ。きゅんきゅん来る。

  • 1巻で大学生活を送ってた二人が高校生だった頃の馴れ初め話。
    大谷の印象が全然違った!俺様なのかと思いきや、不器用なツンデレ…だと…?立花も表には出さないスマートな子かと思いきや、意外と執着強いし。
    このままの気だるい腐れ縁的な関係のほうが好きなんだけど、雰囲気的には立花×大谷っぽいですね。
    立花視点の話も読んでみたい。

  • 再読。立花と大谷の高校生編。あまじょっぱいなぁ、この2人… 女の子との関係がリアルですよね… 男の子の方が実はロマンチストで繊細なんだよ(笑) 女の子2人の会話、あれ聞いちゃうとキツいよね大谷くん… そして最後まで2人のエチのポジションが決まらなかった、いっそリバで良いのではww 前作にも登場したアル×ショウくんのお話も入っています。この2人も大好きなCP❤

  • 【再読】略烈火のごとく─のところが好き。自然に恋に傾いていくのがいい。立花は大人だな。やっぱり親友もの好き!濃い友情と言うか、空気と言うか。ただ、紺野さんの描く女の子には共感できないんだよなあ。

  • 吃驚した事に読んだ記憶があった。
    いつ何処で読んだんだろう?
    これで終わりかーつまんない。もっと二人が読みたい。

  • 紺野氏の描く女の子の、現実的な可愛さとずる賢さ、身勝手さが大っ好きです。未完成な十代女子(しかし女は何歳になっても「女の子」!!)の、あけすけな感じ。変に嫌みだったり素直すぎたりしない、リアルさ。BLでこんだけ女の子に力を入れている作家さんていないよな~(彼女はBL以外も描いていて、当然そちらも大好きです。)
    大谷と立花は、ふじょしの理想妄想を具現化したような関係ですね。濃密な男の友情。…結局これは恋愛感情とは違う気がする。特に大谷は。思春期に抱く異性への恐怖心・違和感を引き擦っている部分が大きいような。よく知らないのに「女ってめんどくせー」って言うような。リアル~
    まぁそれより何より女の子が魅力的なのが一番の魅力です。

  • 立花都(高校生/同級生)×大谷晋也(高校生/同級生)
    keywords:微エロ/微三角関係/ほのぼの/大切な人
    二人の高校生時代、馴れ初め。

  • 友情が恋心に変わる瞬間萌え!(大谷は真性だと思うけど)。2人の対等な関係がすごくいい。言葉で伝え合うんじゃなくて、憎まれ口を叩きながらも服を共有してるとか、そういう何気ない描写に萌える。最近紺野先生の新作が読めなくてすこぶる淋しい。

  • 彼女<親友な高校生。

全16件中 1 - 10件を表示

紺野けい子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
紺野 けい子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする