星の秘密 (ダリア文庫)

著者 : 剛しいら
制作 : 巴 里 
  • フロンティアワークス (2005年11月12日発売)
3.35
  • (3)
  • (8)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :57
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861341052

星の秘密 (ダリア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 吸血鬼シリーズ第三弾。
    二人が両想いになる過程が、意外とあっさりとしてました。もう一ひねりほしかったかも。

  • 【月の秘密】のリンク作。<BR><BR>
    あらすじ> 両親を亡くし、悲しみに暮れる天之 昴は、星空の下で侯爵と呼ばれる謎の金髪の男に出会う。 一目で彼に惹かれていった昴だが、実は彼は純粋種の吸血鬼だった! 悠久の時を紡ぐラブストーリー

  • 表紙買いで当たりくじ。吸血鬼ものなのは粗筋を読めばすぐわかるけれども、その吸血鬼がよくある色気ふりまくキャラではない。というかそういう色に関しては無縁。美しいのは色気だと言われると反論できないので、このあたりは個々人の感覚ですが。これを読んでからシリーズになっている既刊の二冊を買いそろえました。

  • BL小説。『月の秘密』『夜の秘密』と続いた『〜の秘密』シリーズの3作目。吸血鬼のお話です。吸血鬼(って言ったらいけないんだけど・笑)の侯爵が素敵…(*´Д`) 前2作の主人公カプ達も登場するのが嬉しいです♪

  • 吸血鬼話の第3弾! 今回は、純粋種の吸血鬼のお話です。
    健康な状態で、自分から望んで吸血鬼になりたいと思ったものだけが純粋種になれるんだそうです。
    (前の2作は死にかけたところを吸血鬼に助けられて、吸血鬼になったので『出来損ない』と呼ばれてます。また能力も低いらしい)
    両親を亡くし、悲しみに暮れている天乃昴(あまのすばる)。星空の美しい夜、『侯爵』と呼ばれる金髪の男が現れます。そして不思議な会話を交わしながら「この男が恋人だったらいいのに」と思ったりします。一目惚れかな?一ヶ月後、スイスへ帰る侯爵のそばには、昴の姿がありました。思いが通じた昴。ホントよかったです。自分のことのようにうれしいです。
    ずっと侯爵のそばにいるために、昴は自ら望んで吸血鬼になるんでしょうか?
    そうだといいな〜と、思ってしまった私ですが。

    あと、1作目・2作目からもゲストが登場してます。
    いい男だらけなので、うれしかったです〜
    その後、どうなったのかなぁ〜と様子がうかがえたので、よかったです。
    シリーズ物のいいところですね。

全5件中 1 - 5件を表示

星の秘密 (ダリア文庫)のその他の作品

剛しいらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

星の秘密 (ダリア文庫)はこんな本です

ツイートする