キスランディング (ダリア文庫)

著者 :
制作 : タカツキ ノボル 
  • フロンティアワークス
3.18
  • (2)
  • (13)
  • (28)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 97
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861341441

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016/12/19

    うーん…いまいち読みにくい。
    なんだろうなぁ…
    カプの設定も良いし、面白そうと読む前に期待をしすぎた?

    どうも身勝手な攻めが好きになれない…
    悩むと

  • 大好きな航空業界だし、設定もものっそい好きな感じ。
    だけど・・・・

    攻めの俺様気質というか結局は気持ちを罪からくる罪悪感で押さえつけての言動や行動になってるんだろうけど、よくよく考えると、それって失礼と言うかその年でどうなの?ってか。。。

    まあファンタジーなBLだから深く考えるのはなしといえばそれまでだけど、ここまでしっかり業界の事を書いてあったから残念かな。

    でもオマケ的な最後のえちしーんはなかなかでした。

  • 攻め:大澤健吾
    受け:野城高久


    副操縦士の野城は新しく引き抜かれてきた操縦士:大澤の歓迎会でお酒を飲みすぎて。実は野城は酒癖が悪いと同期からたしなめられていたがその中山はそばに居なくて、そのまま大澤の家で飲み直すことになり、自覚がないまま誘ってしまい…。


    身体の関係が出来ているのに、それ以外での野城に対する大澤の態度の冷たさが分かりにくい。野城の父が亡くなった時の操縦士が大澤の父だったからとか、大澤の性格が不器用だからとか説明はあったものの、それにしては冷たすぎのような…。
    操縦についての描写はなるほど〜という感じ。
    飛行機物だとどうしても事故とかトラブルとかを書かないと緊張感が出ないのかもだけど私自身としてはその手の事故はあまり好きじゃないかな。

    シリーズ物なのでこれからどう面白くなるのか期待。

  • ・キスライティング
    ・ラブ フライング
    ・ヘヴンズ アプローチ
    ・管制塔のラプンツェル
    ・成層圏のアフロディーテ

  • ⇒『キス ランディング』(野城×大澤編)
    『ラブ フライング』(野城×大澤編)
    『ヘヴンズ アプローチ』(野城×大澤編)
    『管制塔のラプンツェル』(松橋×田中編)
    『成層圏のアフロディーテ』(松橋×田中編)

    ☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

    ときどき誰目線の文章なのかがわからないときがあったんですけど~
    あ…それって、私の読解力の問題なのかしら^^;

    ま、それでも楽しめたからいいけど。
    松橋編への伏線もチラチラと見え隠れして、シリーズものってそういうところがおもしろいと思う。

  • 愚だ愚だ感が続くけどラストのシーンが好きです♪

全8件中 1 - 8件を表示

キスランディング (ダリア文庫)のその他の作品

ふゆの仁子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする