千の夜に愛を誓う (ダリア文庫)

著者 :
制作 : 六芦 かえで 
  • フロンティアワークス
2.86
  • (1)
  • (0)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861341991

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第二王子×踊り子。砂漠の王子との劇的な出会い、そして感動的な再開のはずが、誤解と言葉足らずですれ違う。攻めが暗殺されそうになったり、受けの投獄、拷問されたりと盛りだくさんな内容。だが、なんとなく表面をするすると上滑りしている印象。攻めが理想と掲げるオアシス都市の避難所計画も、全国から避難民が集中してしまいそうで運営面に不安を感じる。

  • 踊り子・シャリアム×王子・シャリアムのカップリングです。
    夜盗に襲われたところを助けられたのが出会いで、誤解から冷たくされますが、
    最後はハッピーエンドです。

  • 思い出の人との再会、というシチュエーションはよくあるパターン。
    その後の王子の態度も良くあるといえばそうなのだが、王子の行動に対する説明が正直納得できなかった…
    王位継承問題にしても政治問題にしても、甘いなーなんて。
    まぁ、シンデレラ的な(王子様と幸せになりました、めでたしめでたし)お話として読むならOKでは?


    注:ネタバレです
    思い出の品を持っているか確かめる為に調べた…って、服を脱がせたときに(ロケット型)ペンダントについて一切触れたないのは正直不自然。大体、躰を売るような事をしてるのではと疑ったにしても、最初から寝台の横に媚薬が用意されてる時点で最初からヤる気だったとしか(=_= )

全3件中 1 - 3件を表示

加納邑の作品

ツイートする