たぶん好き、きっと好き (ダリア文庫)

著者 :
制作 : あさと えいり 
  • フロンティアワークス
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (6)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 39
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861342707

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高校生×高校生。下級生をもてあそぶ蠱惑的な受け(攻め)が少々強引展開つつも肉体関係を結び、恋愛をし、成長するストーリー。エロはかなり強引で唐突に始まり、プレイ的要素を多分に含む。攻めが力でねじ伏せるサディスティック風味。全体的に青い。登場人物が全員ナチュラルにホモ。受けがリバーシブルなので苦手な人は要注意。突っ込みどころ満載だが、これはこれで面白い。

  • 2008/9/22購入。あさとさんの挿絵はキレイだった。内容は再録とは言えちょっと古めかしいというか懐かしい感じの雰囲気。昔こういう同人誌よくあったなー…

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

貴族や名家の御曹司等、きらびやかな世界観を表現した作品が数多く、読者の支持を集めている。

「2017年 『なんでも屋花曜祐介の事件譚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たぶん好き、きっと好き (ダリア文庫)のその他の作品

遠野春日の作品

ツイートする