恋は思案のほか (Dariaコミックス)

著者 :
  • フロンティアワークス
3.84
  • (49)
  • (76)
  • (54)
  • (11)
  • (1)
  • 本棚登録 :385
  • レビュー :38
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784861343032

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大学生同士、無気力なゲイの奥✕ノンケの持田くん。バイトとして持田くんが奥と同居するようになる、世話焼き持田くんがカワイイ。2人が意識し始める頃からのストーリーが良いですよね♪すとんっと自分の気持ちに気がつく持田くんの表情が良かった。できればイチャイチャを見たかった… 何気に樋口くんがお気に入り♪

  • 持田が新しく始めたバイトは同じ大学の塚原の家に同居するというもの。
    塚原はゲイで連れ込む男がいつも違い戸惑うことも多かったけれど……。

    持田のふんわりした感じがギスギスしていなくて偏見などなくて気持ちいい。
    コタツで眠るところなんて可愛い!
    持田の友人樋口がいい味だしています。
    そしてバイトを持ちかけて来た筧が腹黒く見えるのは関西弁のせいかな? 笑

    同時収録の「君までの距離」同じ大学から、企業就職と院に進んだ二人の関係は、セフレ?恋人?それとも…。
    この話好きだな。友達が押しかけて来てアタフタしてるのもまた面白い。


    このコミックス読む前にかなりシリアスなお話読んでいたのでホッとしました。でとそれ読んでいなかったら評価もう少し良かったかも(^^;;

  • ・表題作シリーズ
    ゲイで遊びすぎで身内に心配されている大学生×同居することになった同級生
    主人公が攻めだと思って読んでました…
    色気ないワンコ系で割と男らしい主人公。
    攻めは少女漫画の王子様みたいにクール美人。

    ・大学の同級生で今は院生と社会人の二人の短編
    すでにデキてるのっていいなあ。
    そして地味な学生生活と社会人先輩がリアルすぎてつらい。

  • 一人暮らしをするためバイトを探していた持田は、同じ大学の塚原の家に同居し彼を見張るというバイトをすることに。しかし塚原は頻繁に男を連れ込むホモだった! 始めは戸惑っていた持田だが、一緒に暮らすうち徐々に塚原のことを理解し友達として受け入れる。ある夜、塚原の部屋から洩れ聞こえてきた情事とわかる声に反応してしまった持田は…。悩める純情ラブ
    出版社より

  • 日常生活のなかで次第に近付いていく気持ちと距離感をさらっと描いてて、すごい。良いもの読んだなー…。

  • ノンケ×ホモ

  • 最後のおまけ「それから」が可愛らしかった。

  • 初読み作家さん、かも?

    CD既聴。

    攻め:奥
    受け:持田


    往復5時間掛かる通学時間をなんとかするため一人資金のバイトを探す持田に友人の知り合いから「ある男と同居して生活態度を報告して」という話が。
    しかしその対象の男はゲイで家にとっかえひっかえ男を連れ込んでいるようなヤツで。


    CDを聴いてなければわざわざ読まなかった本かな。原作どうだろうという好奇心(^_^;)
    CDが原作通りだったんだなということが分かった。
    エチシーンはほとんど無く、お話?男の気持ち?を読むマンガなんですよね?

  • ノンケとホモの関係性が非常によかった。作家買い決定。
    ただエロが少ないのと、コマ割りがたまにわかりづらく感じたので★4つ。

  • ノベルスの表紙で絵柄が気に入ったので買ってみた。やっぱり絵が好きだ。線がきれいでいろんなタイプの男子がカッコいい。ストーリーもずっと淡々としたテンションだけど全く退屈しない内容。心情がチャンと描かれてて良かった。

全38件中 1 - 10件を表示

恋は思案のほか (Dariaコミックス)のその他の作品

館野とお子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする