夜は君色 (Dariaコミックス)

著者 :
  • フロンティアワークス
3.39
  • (6)
  • (12)
  • (29)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 178
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784861344312

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • えぇ??ってとこもあったけど、めんどくさい恋嫌いじゃない。

  • 家を火事で焼き出された主人公が、前に会った事のある少し影のある青年が大家をしている下宿にお世話になる事になり、次第に大家の事を意識し始め……という結構王道パターンなのですが、女性のDVは異色でした。
    DV自体がネタとしても苦手なのですが、女性ならばまあまだ許せる範囲な気がしました。これが過去の男が……というパターンだったら最悪だったかもしれません。

    まあ、色々あって二人は纏まって、めでたしめでたしなのですが、この下宿のメンバー構成が何というか、私には痒かったです。
    高校生の頃考えてしまいがちな疑似家族設定をみているようで。
    正直、メインにスポットを当てるだけでいいと思うのですよ。あまりキャラを好きになれなかったからかもしれませんが、紅一点の恋愛は特にどうでもいいかなあという感じです。こういう話をはさんだ所為で、散漫な印象になっているのは否めないかもしれません。
    大家さんはとても好みだっただけに惜しい。

  • リーマン×大家

  • 住人一人ひとりのストーリーに1冊ずつかけてもいいくらい登場人物が魅力的
    1冊にまとめないでシリーズ物だったらよかったのに。。。

  • 淡泊眼鏡×年上儚げ美人。

    今まで保守的な恋愛しかしてこなかった攻めが受けの儚さや色っぽさにじわじわ惹かれていきます。面倒な恋愛はしない!っていう攻めが、受けの重い過去も受け止めて愛していく過程が感動的でした。

    でも受けが何で攻めを受け入れたのかなーっていうのはちょっとひっかかる。攻め視点のお話だから仕方ないかもしれないけど…。受けはずっと穏やかな感じでした。
    後半は詰め込みすぎ感があるので、もう1冊くらい続けたほうがきれいにまとまった気がします。

    下宿の家が舞台で疑似家族なやり取りが可愛かったです。サブキャラのお話ももっと見たい!

  • この作者の絵柄とペンタッチは結構好み。しかし今回の内容は攻も受も煮え切らない感じがまだるっこい。

  • んー、静かに熱が籠ったようなテンションが押し込められたような話で、あまり好みではないが、つげさんだし、脚立シーンよいよね。

  • 2011年度のホモ初めがこれ。
    淡白な主人公が8つの上の男にいつのまにか夢中になっている様は応援したくなる。しかし何より白石さんがかわいい。白石さんを愛でたい

全9件中 1 - 9件を表示

夜は君色 (Dariaコミックス)のその他の作品

つげ雨夜の作品

ツイートする