溺れるチェリーピンク (ダリア文庫)

著者 :
制作 : 神葉 理世 
  • フロンティアワークス
3.37
  • (5)
  • (6)
  • (11)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 81
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861345203

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 途中まで2だと思っていました。3かよ!3で終わっちゃうんだ…と驚きました。
    私は勇真の方がかわいくて好きだったので、なんかショックです。でも、これダリアでいいのか??と、すごく不安に思いました。どうやってもブラックじゃんッ!!絵柄で騙されそうですが、そんなかわいい作品ではないです(笑)。
    そして、私の中ではすごく斬新な変態でした。スク水は読んだことないわぁ。

  • 3P

  • 3P  年上攻  鬼畜攻  年下攻  ワンコ攻 総受

  • エロい・・・
    エロいの嫌いじゃないんですが、この本はちょっと引いてしまいました。
    ごめんなさい。

  • とにかくエロい。エロがテーマ。
    個性的でつきぬけたエロ。乳首に関してや、水着ネタ、3Pでハッピーエンド等。

    文章読みやすく、うまい。
    話の流れや起承転結もしっかりしてる。
    だから、こんなにめちゃくちゃなエロなのに読める。
    競泳や水着メーカーについての説明・描写もちゃんとしているのでリアリティもある。

    文章が上手いから好きなことが出来る。
    好きなことが書ける。それがこの作家さんにとってエロだったということなのかも。

    絵もいい。

  • 上司とその弟×眼鏡のスポーツ用品メーカーのリーマン。
    ちょっと変わった三角関係・・・になるかな。
    攻めが兄弟の二人。
    受けは部下の眼鏡くんで、陥没乳首の上に・・・。

    まあ藍生先生、ですから。。。

  • エロいです。

  • 上司・大学生(兄弟)×さえないサラリーマン

    スポーツ用品メーカーに勤める主人公は、上司と共に上司の弟の競泳水着開発を行っている。頼りになる上司と、オリンピックへの期待がかかるその弟との関係は良好で、仕事も楽しい毎日を過ごしていたが、ある日弟が「好きだ」と告白してきたことから主人公の毎日はがらりと様相を変えます。
    二人が身体を求めるたびに、淫らになっていく身体は…。

    3人プレイですね。
    センセお得意の剃毛プレイに、2本いただきます、陥没乳首。
    プラス今回は副乳と、スク水(女性用)まで加わって、「わあ、変態♪」って感じでした。
    ただまあ、スク水プレイはなんというか、好き嫌いがはっきり分かれると思います。
    正直私も両手をあげて御歓迎、ではなかったもので。

    ここ最近この作者さんの本を続けて読んでいるせいもありますが、がらっと雰囲気を変えた設定の本を読んでみたいです。
    定番となっているプレイはどれも好きだからいいんですけどね、そろそろ新鮮味が・・・。
    肉はもちろん食べたいが、魚だって刺身もあぶりも焼きも煮魚だってあるんだい、と。

  • センセお得意の3Pモノでした。これは本屋さんでは買えない帯のアオリ!赤面モノです。登場人物も相当変態ですが、読む方も変態呼ばわりは覚悟ですね…
    買いにくいので★が1減。
    スポーツメーカーの水着開発担当の司は、上司で会社の御曹司である透真に密かに憧れを抱いています。その透真の弟で競泳の有力選手、勇真と兄弟二人がかりで司はアレコレものすごく淫らなことをされて弄ばれ、最終的に二人の恋人として付き合わされるお話です。
    Hのバリエーションがてんこ盛りです。メガネDTな初心い司にスク水着せたり、陥没乳首攻めにあわせたり。しかし、副乳ってのは一体…
    兄の透真は、一見カッコいい憧れの上司なのに実態はド変態。剃毛なんか序の口です。言葉攻めが素晴らしくて、とっても萌えます。やさしい口調で容赦なく司にエロい言葉を要求してます。かなり高評価な言葉攻めです。でも、ちゃんと受にやさしくて愛があるのが安心感。
    一方の弟勇真は好きになったら一途な年下攻めの強引さを発揮しまくり。彼もDTクンなので、不慣れなところもあってお兄ちゃんとは好対照です。直情的だけどまっしぐらでわかりやすいキャラ。
    そしてそんな二人に調教され開発されてしまった司は、どちらか一人を選べなくなってしまう欲張りサンになっていきます。
    お兄ちゃんの透真も、司と勇真の両方が可愛くて仕方ないのがわかります。司が好きになりすぎて勇真のタイムが落ちてしまった時、司ばかりでなく透真も真剣に心配してましたね。そういう、三人三様の感情面での描写もしっかりある、ただエロだけというわけでもないそのちょっとしたサービス精神が嬉しい限り。
    さすが、3Pでは突出した作品を繰り出している作家さんだけあって読後の満足感も充分。2輪挿しもしっかりあります。
    もう、お腹いっぱいです、と降参したくなる濃厚さが若干あるけど。続きはまた同人誌ですよね。

全13件中 1 - 10件を表示

プロフィール

あいお・ゆう●BL作家。花丸文庫BLACK(白泉社)にて刊行の「双子」シリーズを筆頭に、著作は多岐にわたる。

藍生有の作品

ツイートする