アルカナ・ファミリア~ラ・プリマヴェーラ~ ミニドラマCD付限定版 (フィリア文庫)

著者 :
制作 : さらちよみ 
  • フロンティアワークス
4.00
  • (7)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861345340

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 身にはならないけどただただ微笑ましい話

  • 創作に使用。

  • 相変わらずお嬢はかわいい。でもドラマCDで知ってた内容もあったのでちがうの読みたかったかなー。
    ジョーリィとダンス踊るとこが好きです。

  • ゲームのほうはplayしたことありません、でもこの一巻目で世界観はなんとなく理解できました。
    それぞれの登場人物紹介といった向きが強いですので、「アルカナ」に関わる戦闘シーンなどはありませんでしたが、人物ごとのやり取りが面白かったし、今後に期待ということで、星5つにしました。
     主人公が初めからみんなにある程度愛されている――というよくある展開ですが、男性キャラにそれぞれ強い個性があるので、個人的につまらない、という気分にはならなかったです。こういう展開が好きな人にはオススメだと思います。
     ただ、途中誰が話しているのかはわかるのですが、会話文主体なのでみんなが集まると若干わかりにくいときがあり、三人以上になると一体誰が誰やら混乱するときがあります。読む私の問題かもしれませんが――。

    そこをちょっと我慢すれば、読んでて非常に楽しいです。

  • 綺麗な表紙とアニメ化を理由に購入。失敗しやすい表紙買いしたけど当たりだったと思う。
    本編の始まる前の話。
    ファミリーに入りたてのフェリチータに最初の任務「大アルカナを調査せよ」
    フェリチータ初体験のレガーロ島の春のお祭り「ラ・プリマヴェーラ」
    の2本、アルカナ・ファミリアの世界観を伝える序章の様だった。

  • CD付きの限定版を購入。
    CDはさっさと聴きましたが本の方は長く積んでしまいました。
    ゲームと同じような感じで始まりましたね。
    やはりこれ、ゲームもやらないと~今、ゲームは、途中で止まってます(笑)
    どちらも楽しみたいと思います。

  • 2012年3月28日読了

    ☆の数に関しては贔屓目が多分に含まれるわけですが(笑)

    私は聞いてないんだけど、タイトル的に後半のラ・プリマヴェーラ!はドラマCDの内容だと思うんだけどどうだろう?聞いてないので、逆にドラマCDにも興味深々になった。

    ゲーム放置しっぱなしなんだけど、改めてアルカナに触れると、やっぱりこのファミリアの感じ好きだなーって思う。可愛いよね、皆。
    しかし、今回はなんとなくジョーリィ贔屓だった気がするのは私だけ?それとも、そういうジョーリィだからこそ美味しく見えるわけだろうか?どちらにせよ、ジョーリィ大好きですけど!(>_<)
    読んでいると、まだ攻略してないキャラ達に接してみたくなる…。

    フェリチータに関しては、もっと個性出してくるのかと思ったけどそうでもなかった。私はそれに好感持ったな。彼女の過ごした状況などを鑑みれば、あれくらい無口になってしまうのも頷けるし(その分、口に出さず色々考えてはいる)これからもうちょっと個性が出てくるのかなと思うと楽しみ。
    フェルの感じがゲームと変わらなかったので、違和感なくすんなり読めました!

    4月にまた新刊が出るので楽しみだなぁ(*^_^*)

  • 先行CDのノベライズ。
    CD付き。

    うまくノベライズされてて満足w
    さらちよみさんの絵が嬉しいw
    ポルチーニくんが見られて良かった。

    CDはデビトに手玉に取られるノヴァ。
    デビトステキvv

  • 8cmCDついてます

全9件中 1 - 9件を表示

渡海奈穂の作品

アルカナ・ファミリア~ラ・プリマヴェーラ~ ミニドラマCD付限定版 (フィリア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする