不埒なファシネイション (ダリア文庫)

著者 :
制作 : タカツキノボル 
  • フロンティアワークス
3.86
  • (13)
  • (28)
  • (15)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :216
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861346002

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『不埒なモンタージュ』
    『不埒なスペクトル』 スピンオフ
    『不埒なパラダイムシフト』 不埒なスペクトル後日談+番外短編
    『不埒なインセンティブ』 スピンオフ
    ⇒『不埒なファシネイション』 不埒なインセンティブの裏話的(?!)番外短編集

  • 2017/01/09
    不埒なパラダイムシフト、不埒なファシネイションのその後?の話。

    両作品読んでたら、面白く読める!

  • 大好きなシリーズ。の、オムニバス。
    やっぱ、兄CPは鉄板です。

    不埒シリーズ(2013年現在5巻まで)
    1.「不埒なモンタージュ」
    2.「不埒なスペクトル」
    3.「不埒なパラダイムシフト」
    4.「不埒なインセンティブ」
    5.「不埒なファシネイション」

  • パラダイムシフトとインセンスティブの裏話をまとめたもの。
    まとめて一気に読むのをオススメします。

  • ※BLです。

    とにかく日比谷さん目当てで買った一冊。真幸に関しては あーハイハイハイって感じでした。ごめんなさい(笑) 直隆の苦労が目に浮かぶようです。正直なところ日比谷&和典派の私からすると、ほんと真幸って邪魔でうっとうしくてね……日比谷カップルを壊しかけたのもオマエだからな!!という気分で(笑) ……嫌いです^^

    まあ日比谷さんと和典くんのその後が読めて何より。日比谷さんメインの続編が出るという話だったんですが、著者崎谷先生の体調がお悪いようで、気長に待っているといったところです。

  • 名執真幸は恋愛に不器用な恋人・真野直隆と同棲している。自分が同性愛者であることがバレて絶縁していた家族とは、直隆の説得で修復されつつある。だが同時に、兄の子どもを見て彼に『家族』をあげられないと今更に思い悩む真幸。また、悩みを一人で抱え込み直隆を頼らなかったことで「わたしには心を許していないのか」と、彼を傷つけてしまい…。大人気不埒シリーズ短編集!!

    (出版社より)

  • 不安定になる受けと不器用な(自分なりの理屈を持って)まっすぐな攻めっていうお話。ふんわかしたいときにおすすめ。

  • 不埒シリーズ-05

  • その後の2人が読めてよかったです。

  • 不埒シリーズで、前半が直隆×真幸、後半が日比谷×和典のお話。
    そしてラストに三田村×未直のところにお邪魔した直隆のお話。

    真幸の女々しさにイライラ。
    それをきちんと受け止めるお兄ちゃんはスゴイ!

全15件中 1 - 10件を表示

不埒なファシネイション (ダリア文庫)のその他の作品

崎谷はるひの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

不埒なファシネイション (ダリア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする