ハルカせんせいと絵本の中の王子 (ダリア文庫)

著者 :
制作 : 御山 ひわ 
  • フロンティアワークス
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861346705

作品紹介・あらすじ

『王子様は約束しました。1000日の間に必ず運命の相手を見つけると。』幼稚園教諭の晴夏が大学時代に課題で作った絵本は、未完成のまま実家の納戸の中…だったはずが!絵本の中の王子が見つけた運命の相手は晴夏だった!煌めく薔薇のような笑顔で、自分を創り出した晴夏へ愛を紡ぐ王子。しかし、晴夏が王子のために完成させた絵本の結末に、王子は傷付き、さよならを告げ-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あらすじ読まずに若干作家読み、いつか読みたい!と
    思っていたもののそのままだったのですが、
    やっぱりにぐん先生の作品は可愛いので好きです。
     ちゃんと最後まで絵本の設定は続いているし、
    筋が通っていて読みやすくて良かったです。<t>

  • 幼稚園教諭の晴夏の前に現れた白馬の王子。現代日本と白馬の王子、それもかぼちゃパンツと白タイツという組み合わせのシュールさに笑ってたら、彼は実は晴夏が大学時代に課題で作った絵本の中の王子だったという…め、めるへーんw絵本に雑誌の切り抜き貼れば着替えられる機能が現実にも欲しいです…w

  • ハッピーエンドファンタジー☆
    安定のにぐん先生です。

    絵本の中の王子様なので、セリフが甘い甘い!
    でも甘いというより“カワイイ”んですよね~
    やっぱりにぐん先生の作品はほんわか暖かい気持ちになれます。

    後半の展開は思いがけない感じで好きでした。
    納得できるエンディングだったので、結ばれるシーンは無くても
    満足できたと思います。ま、結ばれるシーンは読者サービスですよね。

    後半、王子の相棒がまさかの登場で驚きました☆
    気になっちゃうぢゃないかw

  • さすがのぶっ飛び設定です。
    絵本の中の世界も、もっと見てみたかったな。
    後半まさかの白馬のイラストが!黒馬(勝手に)×白馬でこの設定でお話もう一本ありかと思いました。

  • めでたしめでたし

  • 一生懸命な感じがかわいいです。

全6件中 1 - 6件を表示

ハルカせんせいと絵本の中の王子 (ダリア文庫)のその他の作品

高将にぐんの作品

ツイートする