潜入捜査~美しく淫らな男たち~ (ダリア文庫)

著者 :
制作 : 緒田 涼歌 
  • フロンティアワークス
3.13
  • (0)
  • (3)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861346996

作品紹介・あらすじ

才色兼備の捜査官・マサは、不敵で危険な香りのする企業家・カルロと潜入した会社で出会う。隙あらば口説かれ淫らなことをされるマサだが、なんと彼も同じ事件を追う潜入捜査官で手を組むことに。反発しながらも、カルロの優れた手腕と魅力に惹かれていくマサ。事件を追ううち、ある組織から狙われた二人は、ホテルで一夜を過ごすことになり…。甘くてセクシーなデンジャラス・ラブ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 敏腕で陽気なCIA・カルロ×公安潜入捜索官・マサ。松雪さんだとどうしてもトンデモ設定かと最初に思っちゃいますが、意外にも(失礼!)ちゃんとした事件もので楽しかった。生真面目で頑固なマサがちょっと勝ち気な部分もあるのが良かったです。ただ、事件は少々広げすぎたかという印象… あとマサの上司・新田さんが個人的にタイプだったのでもっと絡んでほしかったな。カルロ視点のSSも入っていて、マサのデレが可愛かった。

  • カルロの魅力があんまりわからなくて、主人公ゲイじゃないのに惹かれたのもあまり納得できず、ちょっとピンとこなかったかな…。やっぱりお松雪先生はおかしな設定のお話の方がいいと感じました。

  • 軽薄そうに見えて有能で魅力的なカルロと語学が堪能でクールに見えて実は熱いマサ。
    裏の世界での任務を主とするふたりの、仕事でも恋でもハラハラドキドキする展開。
    せっかくの設定なのにちょっとこじんまりしてるのが残念かな。
    マサが落ちそうでなかなか落ちないのがイイなー。
    カルロの普段のふざけた物言いと時折見せる真剣な表情も好みでよかったです。

  • おどけた外国人×ストイック日本人!そんで裏社会で暗躍する捜査員同士。男が男に惚れるって感じで、ゲイゲイしくて萌えました!…お預けプレイって本番よりも生々しい(^q^)
    毎度ながら、すごく設定が練ってた。こんな頭いい人もBL書いてるんだと思うと、腐女子でもちょっと自信がつきます。
    そうですね、でもこのサブタイトルがいけてない…(笑)

  • 主人公、こんなに感情読まれていては、潜入捜査大丈夫かと心配になりました。
    もっとぶっ飛んだ世界の方が好みです。

  • 「淫魔」シリーズ、「ウサギの王国」シリーズなど、ぶっとんだ設定でおなじみの松雪センセですが、実はコテコテ王道ものもけっこう書いていらっしゃいますね。
    初ダリア文庫のこの作品は、デビュー前の作品を改稿したということですが、とても面白かったです。

    外国からのスパイを極秘で潜入捜査している公安の捜査官マサは、潜入先の会社で傲岸不遜な起業家を称する外国人のカルロと出会い、彼から熱烈にアプローチされてしまいます。

    ロマンティックなラブコメかなと思わせておきながら、意外にもスリリングで手に汗握る展開で引き込まれました。ハラハラさせられましたね~
    まあ、潜入操作とかスパイとかもともと大好きなんですが。
    なので、自分なりにこの手のジャンルはツッコミが激しくなったり好き嫌いも強力になったりします。
    一体どんなものかと期待半分不安半分で読みましたが、ラブの部分はあくまでも甘く、仕事部分は納得できるハードさがあって、ドラマ一本観たような満足感がありました。
    ベッドシーンも甘いだけじゃなく、エロもしっかりあって楽しめました。

    ただ、無難なんですよね…
    あまりにも上手すぎて、逆にせっかくの個性的でキラッと光るものが目立たなくなっているような気が。
    ただし、淫魔やウサギのような異色作も、こういった王道ものを面白く読ませてくれる実力があってこそ!というのはものすごく感じました。

  • サブタイトルほどみだらってことはなかったです。

全7件中 1 - 7件を表示

潜入捜査~美しく淫らな男たち~ (ダリア文庫)のその他の作品

松雪奈々の作品

ツイートする