タイム・バード (Short Fantasy Stories ファンタジーの宝石箱)

制作 : 産経新聞文化部 
  • 全日出版
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861360381

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三田村信行「にげだした団地」
    森絵都「フェスティバル」

  • 今回は47人という、都道府県と同じ人数。
    全員それで選ばれていたらびっくりですが、当然違います。

    最後の話が、え…というものでした。
    最後だからこそ、というのもあるかも知れませんが
    これはもしかして、な終わり方。
    あるはずのない終電の光、ですから。
    因果応報?

    後気になったのは、歩いて移動した団地達。
    相当揺れたと思うのですが…乗り物酔い状態にはならなかったのか、と
    どうでもいい事が気になってしまいました。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1953年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒。報道番組のキャスターを務めた後に渡米。帰国後、エッセイスト、小説家として活躍。99年に檀ふみ氏との往復エッセイ『ああ言えばこう食う』で講談社エッセイ賞、2000年、『ウメ子』で坪田譲治文学賞、08年『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。12年に刊行した新書『聞く力 心をひらく35のヒント』は160万部を突破する大ベストセラーに。14年、菊池寛賞受賞。

阿川佐和子の作品

ツイートする