ダンドリの達人に変わる本―成功者になるために〈5〉 (成功者になるために (5))

著者 :
  • 全日出版
3.33
  • (2)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 38
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (145ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861360411

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【2015/1/15】
    紹介者:高野さん
    レビュー:米山

    仕事とはなんなのか?
    ダンドリである。
    人生とはなんなのか?
    ダンドリである。
    と言わんばかりの?段取りを追求した本。
    著者の出版数がとんでもなく多く幅広いことでも有名ですが、本を出すのもダンドリ大事そうですね!
    今よりも少しでも仕事できたい!とか、また読んだことがある方も、今一度読む価値ありの本なのかと思います!

  • 内容は少し薄い。

  • 仕事はテキパキと、な本。
    中谷さんらしいというか、文章はわかりやすいが、概念ばかりで方法論が少ないので「なるほど」「たしかに」で終わってしまいそう。

  • 私にとっては神アプリ本!

  • 「仕事の段取り悪い!」って上司や先輩に叱られているあなたには、本当にお勧めです。

    本書のすごいところは、読み終わったときに「段取りって仕事の本質なんだな」と本心から思わせてくれるところ。

    僕もそうだったのですが、段取りが悪い人というのは、
    段取りの本当の重要性を理解していないことが多い気がします。
    「段取りなんて地味なことをしているくらいなら、もっと大事なことをしようよ。」
    といった意識があるんですね。

    本書を読んで、考え方を変えて、段取りの達人になりましょう。
    そしてモテモテになりましょう。
    中谷さんも「モテる男の2大要素、優しさと頼りがいは、段取りから生まれる。」とおっしゃってますから。

  • 泥棒は効率の為にタンスは下から開ける等
    よく考えれば分かるが、知らない話が盛り込まれていて
    結構面白かった。

  • 量が少なくてすぐ読めて、その割に内容が濃い。

    こういうのを当たり前だとか言う人ほど実際はダンドリが悪かったりするんだろうなと思う。

    仕事でもプライベートでも流れをとめず、テンションをキープし、物事をスムースに進める。これをサラッとやる。

    考え方が明確でわかりやすい。反芻してマスターしたい内容である。

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

1959年、大阪府生まれ。
早稲田大学第一文学部卒業。84年、博報堂に入社。
CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。
91年、独立し、株式会社中谷彰宏事務所を設立。「中谷塾」を主宰し、全国で講演・ワークショップ活動を行っている。

[中谷彰宏公式サイト]
http://an-web.com/

中谷彰宏の作品

ツイートする