角交換振り飛車 基礎編 (最強将棋21)

著者 :
  • 浅川書房
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861370236

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 角交換振り飛車の先駆けともいえる本書。棋力としては初段向けくらいか。主要な変化がややうまく行き過ぎている変化も多いが、アマチュアにとって怖い変化が押せられている。

  • 角交換振り飛車の定跡書
    先後逆転表記

    個人的には先後逆転表記が読みにくいが、
    解説自体は丁寧で、狙いがとてもわかりやすい。
    気持ちい良いほど、振り飛車良し。
    級位者でも読める難易度


    第1章 ▲7七角戦法(△3三角戦法)
    第2章 ダイレクト四間飛車
    第3章 スピード角交換戦法(ダイレクト向かい飛車)


    まえがきから
    角交換振り飛車の特徴
    1.居飛車からの急戦を心配する必要が無い。
     棒銀とか山田定跡などは覚える必要が無い
    2.押さえるべきポイントが少ない。
     ひとつの戦型で覚えた筋は他の戦型でも応用できることが多い。
    3.振り飛車から攻めることができる。
    4.居飛車穴熊対策が完備されている。
    5.以上のような理由によって、最終的に勝ちやすい。

  • 角交換型の振り飛車の紹介。
    最近流行っている一手損角換わり四間飛車は乗ってません。
    定跡書としては物足りない内容だと思います。
    ダイレクト四間飛車が載ってる書籍はこのシリーズしか無い気がするので、それに関しては参考になりそうです。

  • 角交換振り飛車の序盤について解説しています。あくまでも振り飛車側の視点で描かれていて、棋譜並べ中心の私としては違う視点で読むことができました。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

鈴木 大介
麗澤大学経済学部准教授

「2018年 『灯台の簿記 簿記初級テキスト』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木大介の作品

ツイートする