マンガは今どうなっておるのか?

著者 :
  • メディアセレクト
3.21
  • (4)
  • (1)
  • (20)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861470097

作品紹介・あらすじ

夏目の目がとらえた、今、面白いマンガとは?マンガの面白さ・うまさって何だ?編集者はどんな仕事をしてるのか?うまいヘタ問題、儲かるのか問題、マンガ家の遺族問題まで、「マンガは今、こうなっている!」著者会心のマンガエッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2005年9月30日、初版、並、カバスレ、帯付。
    2014年7月7日、伊勢BF。

  •  第1章「今のマンガたちの話」は、著者得意の緻密なマンガ批評で『のだめ』や『テニプリ』などを取り扱っていて、素直に楽しい。また、マンガ批評のための用語としての「うまいヘタ」問題について考察している節(第4章「マンガはどうなっておるのか」)も、非常に興味深かった。

     マンガ評論は、昨今、大きな広がりを見せている。しかし、マンガの「読み方」や、「語り方」そのものを開発してきたこの人の存在は大きいなぁと思う。

  • この著者の本は嫌いではない。でも、この本は面白くない。

  •  このタイトル、なんか微妙なので、へんに検索するとひっかかりませんので。
     ついでに、夏目房之介で検索しても、これは頭にきません。最新作だと思うんだが、どーなってるのだ??

     ま、内容はタイトルそのまんま。
     表紙が、よしながふみ、だったのと、よしながも、ハガネも論じてるとかで、つい買いました。
     が、肝心なのが短いよ(涙)
     ともあれ、「よしなが読まずして、マンガが面白くないと言うな」つーのには、深く共感。だが、よしながが照れ屋とかっていうのは、違うと思うんだけどな。よしながの、背景を極端に排除した手法は、照れ屋とかじゃなくて、ものすごく計算した結果なんだと私は常々思ってる。で、そのアップが続く数コマなんて、表情の微妙さに、胸をつかれてしまう。一体、この人はこの一コマを描くのに、どれだけのエネルギーを使っているのだろう。
     と、思わず、よしなが絶賛コメントになっているが(ww)まぁ、それなりに面白いので<をい

  • 2008/7/8購入
    2008/11/2読了

  • 圕

  • 読みかけ。

  • 表紙のゑが物語る。リラックスしてマンガを楽しんでいる若者と,立ったまま難しい顔をしてマンガを読んでいる青年(大人)。

  • ネット連載のコラムの書籍化、ということで、取っ掛かり易くまた分かりやすい。
    突っ込んだ分析までしていないので、物足りないと言えば物足りないかもしれないけど、楽しく読めると言う点ではかなり良い。
    マンガ評論への第一歩、という感じ。

全9件中 1 - 9件を表示

夏目房之介の作品

ツイートする