江戸の絵画万華鏡 戯画の系譜 (大江戸カルチャーブックス)

著者 : 榊原悟
  • 青幻舎 (2007年10月20日発売)
4.56
  • (6)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (116ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861521256

江戸の絵画万華鏡 戯画の系譜 (大江戸カルチャーブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あとがきに、昭和62年に戯画をテーマとした展覧会を企画した際に、一部に戯画という言葉に拒否反応があったと記されていた。
    今なら、奇想とかサブカルの名でもてはやされたりするんだろうか。今も昔も庶民が楽しむのだから、見た目の軽さもアリだと思う。ただ好き、面白い、という視点が見えて、楽しかった。

  • キャプションが面白く、
    幅広く色々な絵画を紹介してくれている。

  • 個人的にこの作者の記す文章が平易であり、調べている内容もわかりやすく好きです。美術室に一冊おいて江戸サブカルチャー?に興味関心を高めさせたいなぁ・・・。

全4件中 1 - 4件を表示

榊原悟の作品

江戸の絵画万華鏡 戯画の系譜 (大江戸カルチャーブックス)はこんな本です

ツイートする