美人画の系譜―鏑木清方と東西の名作百選

著者 :
制作 : 島田 康寛 
  • 青幻舎
4.25
  • (5)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861521836

作品紹介・あらすじ

近代日本画の歴史において重要な位置を占める美人画は、
いずれの時代においても社会の変化や流行を鋭敏に捉え、
洗練された美意識により、数多くの名作を生み出してきました。
本書では、美人画の収集として名高い福富太郎コレクションより
東西の優品100点を収載しました。
明治・大正・昭和における時代の変容を見定めつつ
多くの人々を魅了してやまない美人画の魅力を紹介します。

解説=内山武夫、島田康寛、福井文夫。

東の美人画
鏑木清方、伊藤深水、竹久夢二、菊池容斎、尾形月耕、
富岡永洗、水野年方、梶田半古、池田輝方、渡辺省亭、
小林永濯、富岡永洗、池田蕉園、山村耕花、尾竹竹坡、
矢沢弦月、山川秀峰、小早川清、横尾芳月、鰭崎英朋、
石井鼎湖、寺崎広業、小村雪岱、鳥居言人

西の美人画
上村松園、菊池契月、北野恒富、土田麦倦、堂本印象、
岡本神草、島成園、甲斐庄楠音、梶原緋佐子、松浦舞雪、
松本華羊、寺島紫明、伊藤小坡、秦テルヲ

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了から5年も経っている…が未レビューだったので。

    夏の読書にあえて推したい一冊。
    日本の美人画の女って、どの季節を描いても
    何をしてるところも、どこかすずやかでかなしい。
    この絵の女は私…と想像しながら、ひととき違う
    人生を思う。

    そしてそのあと、冷たいおそうめんでもどうだろう。
    いや、料理の中身はお好みで良いのだけど。
    知識がなくとも解説も丁寧だし、手に取りやすい画集。

    あなたもこの夏、大和撫子体験はいかがだろう。

  • 本の装丁がかっちりしすぎていてあまり好みではない。内容は充実しているが少し物足りないかな。コレクターの趣味がわかるような気がした。

  • 資料番号:011082484
    請求記号:721.9/ビ

  • 先日行った美術館の展示が本になってました。

  • 展覧会の構成もよかった。清方の「妖魚」や恒富の「道行」など個人的に好きな作品の多くが福富太郎氏のコレクションに入っている。素晴らしい作品を見せて頂けることに感謝。

  • 近代日本画の歴史において重要な位置を占める美人画は、いずれの時代においても社会の変化や流行を鋭敏に捉え、洗練された美意識により、数多くの名作を生み出してきました。本書では、美人画の収集として名高い福富太郎コレクションより東西の優品100点を収載しました。明治・大正・昭和における時代の変容を見定めつつ多くの人々を魅了してやまない美人画の魅力を紹介します。

全6件中 1 - 6件を表示

内山武夫の作品

ツイートする