WINDSWEPT WOMEN:老少女劇団

著者 :
  • 青幻舎
3.33
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861522116

作品紹介・あらすじ

2009年ヴェネチア・ビエンナーレ日本館出品作家に選出、
今、日本で最も注目されるアーチスト、やなぎみわ。

今回のビエンナーレ会場では、日本館の建物を布で覆った大きなテントに見立て、
室内には、4メートルもの写真や映像作品を展示。
老少女奇譚から展開したストーリーで、世界に真っ向勝負を挑んだ力作。
CGや特殊メイクを用いた写真作品で知られ、1993年の初個展で一躍注目をあつめた。
寓話をモチーフとした作品や、ジェンダー、老い、生と死など、
現代社会に潜む女性特有の問題意識に焦点をあてた作品を発表し続けている。
主な個展は、グッゲンハイム美術館(2004)、猪熊弦一郎美術館(2004)、原美術館(2005)、
チェルシー美術館(2007)、ヒューストン美術館(2008)、東京都写真美術館(2009)など、
世界の様々な国際展への参加を通して高い評価を獲得している。
代表作には、「エレベーター・ガール」、「マイ・グランドマザーズ」、「フェアリー・テール」シリーズなど。
映像作品やインスタレーション作品も発表。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ベネチア・ビエンナーレでのインスタレーション "Windswept Women”の記録。老婆のフェイク乳房をつけて踊り狂う女性たちを見てみたかった。やっぱりやなぎみわは写真家というよりインスタレーション作家なんだなとあらためて思う。しかし、こういう巨大な施設と設備を作り上げるエネルギーはほんとうにすごいね。

  • これも同様。現代美術だから、写真ていう枠じゃないから、もはや、というのであれば、それはそれでいいんだと思うけど、現代美術って、こんなもんだったけかな、てふうにも思うのだよな。もっと、えげつなくてもいいし、もっと、くだらなくてもいいし。(11/9/10)

  • 一部どこかに年老いた部位を持つ半裸の女どもが、力強く大地を踏みしめ、髪を振り乱し、おっぱいをぶるんぶるん(時にはぺったんぺったん)いわせながら踊り狂っている作品だ。年老いてる部位というのは腕であったり足であったり胸であったりするのだけど、胸の衝撃は半端なく、志村けんがコントでやる裸の婆さんのごとく長く垂れ下がり、激しい上下運動によってぺったんぺったん腹や肩に当たり音を鳴らしているようなのである。衝撃すぎて笑撃。

全3件中 1 - 3件を表示

やなぎみわの作品

ツイートする