めからかいこうせん(もうひとつの研究所パラパラブックス) (Flipbook もうひとつの研究所パラパラブックス Vol. 2)

  • 青幻舎
4.21
  • (14)
  • (9)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 77
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (84ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861522253

作品紹介・あらすじ

好きな場所で好きな時に楽しめる

パラパラとページをめくれば、幻想的な短編アニメーションが立ちあらわれます。
小さいけれど深い世界観。驚きの仕掛けに思わず笑顔に。
ちょっとおかしくてかわいい生き物たちの、不思議な不思議な物語。
スリーブケース入りでギフトに最適です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 動きが目の視線が出ているのがとても素敵な感じ。
    こういうぱらぱら絵があるんだという、この企画で一番感銘を受けた作品。

    価格から、買いたいほどではないが、みんなに見て欲しい作品です。
    図書館や、眼鏡屋さんの待合室などに常備してもらえるとうれしい。

  • 友達が唐突にくれたパラパラ本。「これだけの枚数と労力を使って、たったこれだけの動きを表現…!」という、通常のパラパラ本とは真逆の感動がありました(笑)。この手の「無駄に全力感」に非常によわい。たまらない…。

  • 最初はゆっくりめくったので、「かいこうせん」が何のことか分からなかったのですが、その正体が分かったときの衝撃は忘れられません。
    本当に本からかいこうせんが出とる!!その発想力、立体感。とても印象的でした。
    かいこうせんを出しているのが何なのか、イマイチ謎なのもグッド(笑)変な物好きにはたまらない。
    学校の図書室に全シリーズあったのですが、みんな何となくと寄って来て「気持ちわるー」とか言いながら、でも意外と人気者。全国の学校司書の皆さんの間でも話題なんだそうです。
    同シリーズの1冊とともにいとこの誕生日プレゼントになりましたが、その母に大好評だった模様。

  • こわい笑。

  • 目からビーム!!何度もパラパラしちゃいます。ゆっくりにしたり超高速でやってみたり。

  • これはおもしろい!と友達にプレゼント。
    マニアック系のプレゼントとしてお誕生パーティーの注目を浴びました。満足。

  • すごい。
    本当に目から光線が出ている。

  • このシリーズの中で一番好きな本かな?
    センスがよいなぁ

  • えほん?マンガ?グッズ?
    司書会にもって行ってみなさんにパラパラしてもらった本です。
    ちょっと高いけど、手に取った人は絶対に「おおっ」っとなるはず。こんな本(?)もあるよということで。(i44)

  • シンプル・イズ・ベスト。
    みなさんもパラパラして下さい(笑)

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

もうひとつの研究所とは、サンタクロース代表取締役が率いる
「クリスマスプレゼント研究所」のうちの一つです。
サンタクロースの合格点がもらえない、ちょっとおかしなプレゼントばかり作っている不思議な研究所。
鳥の背中に生えている塔で、今日もこそこそ自分たちなりの愉快なプレゼントを作っています。

「2011年 『クリスマスの足音』 で使われていた紹介文から引用しています。」

もうひとつの研究所の作品

ツイートする