Fluttering far away 遠くの羽音

著者 : 村瀬恭子
  • 青幻舎 (2010年4月20日発売)
4.71
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861522482

作品紹介・あらすじ

ドイツ・デュッセルドルフを拠点に制作を続けてきた村瀬恭子。
作品は、少女像を中心に据えた具象絵画でありながらも、
その筆致は、ときに滑らかに、ときにするどくカンヴァスの上をはしり、
わたしたちの身体感覚に訴えてきます。
本書では、少女が水にたゆたう初期の作品から
豊田市美術館の展覧会にて初公開となる新作、ドローイングなど、
あわせて70点以上を掲載。
作家のこれまでの画業を振り返る待望の作品集。
アートディレクション:山本誠
寄稿:福永信
解説:平野千枝子(元東京都現代美術館学芸員)、鈴木俊晴(豊田市美術館学芸員)

Fluttering far away 遠くの羽音の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 淡い濃淡のある彩色でつくられる波紋が、音までも描いているのではないかと感じさせ、私の体全体に風がなびいてくる。さらっと、時にはもわっと、一定のリズムを刻まないこの作品の風は、ページをめくる度に強さや感覚、回数なんかもその都度違う生きているものの風である。ぼんやりした。美しいなって。

全1件中 1 - 1件を表示

村瀬恭子の作品

Fluttering far away 遠くの羽音はこんな本です

ツイートする