琳派・若冲と雅の世界

制作 : 細見美術館 
  • 青幻舎
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861522703

作品紹介・あらすじ

日本美術史を総覧する、秀逸なコレクションで知られる細見美術館より、
選び抜かれた名品を紹介。
江戸絵画の琳派や若冲をはじめ、平安・鎌倉時代の仏教・神道美術のほか、
様々な美術工芸品を網羅。
内外から高い評価を受ける名品に詳細な解説を付す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱり年取ってくると日本のものが良くなってくるのかな。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

細見美術館(ホソミビジュツカン) 大阪の実業家、細見 良(初代古香庵)に始まる細見家三代の蒐集をもとに、1994年、財団法人細見美術財団を設立(2012年、公益財団法人細見美術財団へ移行)、1998年、京都・岡崎に細見美術館を開館した。日本美術史を総覧する幅広い時代と分野で構成されるコレクションの中でも、琳派や伊藤若冲、葛飾北斎など江戸時代の優品が多い。毎年「琳派展」を行うほか、さまざまなテーマで企画展を開催、セミナーやレクチャーなどにより日本美術・文化の普及に努めている。

「2015年 『神坂雪佳 琳派を継ぐもの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする