石上純也 建築のあたらしい大きさ

著者 :
  • 青幻舎
3.69
  • (2)
  • (6)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 80
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861522840

作品紹介・あらすじ

2009年に日本建築学会賞を受賞、今夏のヴェネツィア・ビエンナーレ建築展では金獅子賞に輝くなど、現在最も注目を集める若手建築家・石上純也(1974−)。
本書では、金獅子賞受賞後に初めて展開された5つのプロジェクトを紹介。
今回の豊田市美術館(谷口吉生設計)での展覧会では、極小から極大へ、
その視点をめくるめく変化させながら、未来の建築の可能性を示唆します。
各プロジェクトの会場風景や模型写真、科学的な資料を用いて、
石上自身がそれぞれのコンセプトについて語ります。

■5つのプロジェクト
《雲を積層する scale = 1/2500》
《森を計画する scale = 1/50》
《地平線をつくる scale = 1/23》
《空に住む scale = 1/3000》
《雨を建てる scale = 1/1》
■論考
青木淳(建築家)
五十嵐太郎(建築史家)
能勢陽子(豊田市美術館学芸員)

全2件中 1 - 2件を表示

石上純也の作品

石上純也 建築のあたらしい大きさを本棚に登録しているひと

ツイートする