北斎漫画<全三巻> 第二巻「森羅万象」

著者 :
  • 青幻舎
4.39
  • (9)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861522871

作品紹介・あらすじ

第二巻の「森羅万象」では、動物、植物、名所・名勝といった風景から
雨や風といった気象など、主に自然を描いた図版を収録。
「鳥獣蟲魚」「山川草木」「波浪流水」「天地造化」の4つのカテゴリーで構成。
海のものも山のものも、そして象や虎といった珍獣や、
夢を食べると言い伝えのある獏のような霊獣まで、ありとあらゆる生きものや、
山・川・草花・木、そして全国各地の風景、名勝を集めている。
北斎が描いた「水」の表現や雨や風、昼から夜への移り変わりといった
「目には見えない流転する現象」を描いた図も収録。 必見の筆踊る森羅万象!

北斎は、一瞬をとらえ、それを一瞬のうちに描き切っている。
波の描写にしてみても、一瞬後には、波が砕けてなくなってしまっている感じが
とても伝わってくるし、《冨嶽三十六景》の人影にしてみても、
次の瞬間には、もう旅人はここにいないんだろうなという感じがする。 
(しりあがり寿氏 インタビューより抜粋)

解説 『北斎漫画』博物学の巻 永田生慈
インタビュー 漫画の眼で見る浮き世 しりあがり寿

アートディレクション:祖父江慎

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <閲覧スタッフより>
    人物・風景・動植物から風俗まであらゆるものを描いた圧巻の絵手本。近代西欧を魅了したジャポニスムの粋、その後に続くマンガやアニメーションへの計り知れない影響、『北斎漫画』はコメニウスの『世界図絵』に次ぐ百科全書と言っても過言ではありません!

    --------------------------------------
    所在記号:文庫||721.8||カツ
    資料番号:10204723
    --------------------------------------

  • 絵を描くときの参考、インスピレーションを受けたりする一冊。

  • 誰がなんと言おうと北斎。またゆっくり読みたい(眺めたい)。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1760?1849年。江戸後期の浮世絵師。代表作に『富嶽三十六景』『北斎漫画』他、多数。世界的に有名な日本を代表する画家で、とくにヨーロッパ印象派の発生にも多大なる影響を与えた。

「2017年 『北斎漫画[肉筆未刊行版]』 で使われていた紹介文から引用しています。」

葛飾北斎の作品

北斎漫画<全三巻> 第二巻「森羅万象」を本棚に登録しているひと

ツイートする