クリスマスの足音(もうひとつの研究所パラパラブックス) (Flipbook)

  • 青幻舎
4.25
  • (10)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861523168

作品紹介・あらすじ

パラパラとページをめくれば、幻想的な短編アニメーションが立ちあらわれます。
もうひとつの研究所がクリスマスに贈る、
かわいいサプライズが詰まった宝物。

チリンチリンという鈴の音色から感じるクリスマスの気配。
スリーブケース入りでギフトに最適です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ツリーのイルミネーションが飛んでって黄色く集まってドアが開いて鈴がなる?
    うーん、よく分らなかった。

  • イベントのクリスマス本のコーナーで、目にして、手に取った。

    手のひらサイズの、パラパラブック。
    パラパラマンガの要領でめくると、林を抜けてサンタの鈴の音が近づいてくる。

    3回はパラパラした。笑
    3D映画のようなアトラクション的な臨場感があるから、すごい。
    鈴が少し引っ掛かるのが残念だけれど、楽しい。

  • パラパラ漫画にちりちりと鈴がついています。さあ、皆練習してうまく鈴が鳴らせるようになりましょう!知人に贈ったら、彼女は慰問に行った養護施設で子どもたちに喜ばれたので置いてきたという。そうしてもらって嬉しい。

  • 今までやったパラパラの中で一番好き。やってるうちに欲しくなったので購入。最後の仕掛けが少し難しいけど良いアイデアだと思った。

  • はじめのイラストもきれいですが、
    中盤からラストにサプライズがあります

  • きれーい☆
    せまってくる感じがいい!

  • 書店で見本を手に取り、パラパラ。
    質の高い絵、躍動感、きらめき、そして最後の仕掛け。
    手元に置いて何回もパラパラしたくなる素敵な絵本。
    耳をすますと、本当にクリスマスの足音が聞こえてくる。
    プレゼントに最適。

  • パラパラ本。ぱらぱら、めくり始めるといきなり輝く森を駆け抜ける疾走感!(ちょっとスターツアーズのような?)
    きらめきは大きな光となって、最後に思いがけないプレゼントが待っていますよ。
    実際はほんの数秒、けれども長い素敵な夢を見るかのような時間をくれる一冊。贈りものに最適。

全9件中 1 - 9件を表示

プロフィール

もうひとつの研究所とは、サンタクロース代表取締役が率いる
「クリスマスプレゼント研究所」のうちの一つです。
サンタクロースの合格点がもらえない、ちょっとおかしなプレゼントばかり作っている不思議な研究所。
鳥の背中に生えている塔で、今日もこそこそ自分たちなりの愉快なプレゼントを作っています。

もうひとつの研究所の作品

ツイートする