新版 竹久夢二(ちいさな美術館シリーズ)

著者 :
  • 青幻舎
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784861523397

作品紹介・あらすじ

大正ロマンを代表し、「宵待草」の作者としても知られる漂泊と抒情の画家、竹久夢二。
なよやかな美人画に象徴される美とロマン、哀愁漂う世界は今なお人々の心を魅了してやみません。

新版では作品を大幅に入れ替え、美人画を中心に挿絵、版画なども含む優品を紹介します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 竹久夢二のポストカードミニ画集。大正から昭和初期まで、見たことのない絵もありじっくり鑑賞しました。しかしこれはもったいなくて使えないポストカード集です。「黒船屋」「スプリング」「藤」なんか特に好きです。全部アンニュイで雰囲気あります。

  • 大正ロマンを代表し、「宵待草」の作者としても知られる漂泊と抒情の画家・竹久夢二。なよやかな美人画に象徴される美とロマン、哀愁漂う世界は今なお人々の心を魅了する。新版では作品を大幅に入れ替え、美人画を中心に挿絵、版画などを紹介。

  • 新版、絵柄を入替えたとのコト。

    青幻舎のPR
    「大正ロマンを代表し、「宵待草」の作者としても知られる漂泊と抒情の画家、竹久夢二。
    なよやかな美人画に象徴される美とロマン、哀愁漂う世界は今なお人々の心を魅了してやみません。
    新版では作品を大幅に入れ替え、美人画を中心に挿絵、版画なども含む優品を紹介します。 」

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

画家・詩人。本名、茂次郎。岡山県生れ。挿絵画家として夢二式と称される女性像を創作し人気を博した。代表作に、画集『長崎十二景』(1920)、『女十題』(1921)、『黄八丈』(1929)、詩集『どんたく』、『夢のふるさと』、『青い小径』等がある。


「2018年 『女声合唱曲集 ちよこれいと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹久夢二の作品

新版 竹久夢二(ちいさな美術館シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする