会田誠作品集 天才でごめんなさい

著者 : 会田誠
  • 青幻舎 (2012年12月31日発売)
4.07
  • (11)
  • (12)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :153
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861523694

作品紹介・あらすじ

デビュー以来一貫して自らが生きる社会を凝視し続け、
批評、風刺あふれるセンセーショナルな作品を発表し続ける会田誠。
そのタブーに挑む表現から真の評価が遅れてきた会田の全貌を検証する。

森美術館「会田誠 天才でごめんなさい」展公式カタログ。

寄稿:山下裕二(美術評論家)、デヴィッド・エリオット(キュレーター)、片岡真実 (森美術館チーフ・キュレーター)
デザイン:寺井恵司

会田誠作品集 天才でごめんなさいの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 会田誠というアーティストらしい一冊。
    本屋さんで立ち読みされるときは閲覧注意。
    初めて、生で作品を見たとき、かなり衝撃的でした。作品を並べてみるとまた、感じ方も変わってきたり。
    私もこんなタイトルつけてみたい(笑)


    未購入

  • 美術のことは詳しくないけれど、エロもグロも個人的には許容範囲内であり、何かと気になる作品が多い。

  • 正直、会田誠という人には好感を持つし、とても倫理的な優しい人だと思う。が、表現の価値はそこに直結しない。それは彼のそういった性格が作品に反映されていないという訳ではなく、彼の性格の「良さ」は作品の「良さ」には挿げ替えられないというだけの事だろう。

  • 現代美術で、好きな一人。

  • まさに天才。山口晃とともに日本を代表する現代美術アーティストだと思う。

  • 少女を題材にした様々なグロ絵をはじめ,
    悪趣味なものが多いです.
    正直,不快な印象しか受けませんでした.

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784861523694

  • 終電で帰って来たが、ただ寝に帰ってきてノーインプットだと悔しいからこれ眺めてみる

  • 2013年1月6日、会田誠展にて購入。

  • 行って来ました「会田誠展」、マイブームは最高潮に達しています。この画集、ほぼ全ての作品を網羅してこの価格は安いと思います。実際に見ると絵の大きさに圧倒されます。細密画の様だと書いた絵の一つ、「ジューサーミキサー」はまたデカイ!現在制作中の「jumble of100flowers」も作家のエネルギーが伝わってくるデカさ、且つ少女が飛び散る表現が素晴らしい!間違いなく何点かは百年後に国宝になっているでしょう。(ホンマかいな) しかし!まだまだ認知度低し!六本木はガラガラでした。「滝の絵」を隅から隅まで舐める様に見ながらふっと廻りを窺うと私一人です。何故だ?そんなに変な絵か?みんなで行こう、会田誠展!

全12件中 1 - 10件を表示

会田誠の作品

会田誠作品集 天才でごめんなさいはこんな本です

会田誠作品集 天才でごめんなさいを本棚に登録しているひと

ツイートする