永井一正 ポスターライフ 1957−2014(仮)

著者 :
  • 青幻舎
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (576ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861524394

作品紹介・あらすじ

戦後の日本を代表するグラフィックデザイナー、永井一正(1929-)。
ポスターという四角い紙のなかでいかに自由になれるのか、人の心に深く訴えかけることができるのかを目指し、先駆的な作品を数々残してきた永井一正のポスター作品500点を収載。初期作品、代表作から新作まで、約60年のポスター史。

寄稿
原研哉(グラフィックデザイナー)、臼田捷治(デザインジャーナリスト)、片岸昭二(富山県立近代美術館副館長)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現在、富山県立近代美術館で開かれている「永井一正 ポスター・ライフ 1957 - 2014」のカタログ。文庫版で600ページ超え。もう京極夏彦か、という厚さ。カタログとはいえ、書店販売もしているので美術館に行かなくても入手可。
    1ページがポスター1枚という構成で永井さんのこれまでの仕事のうち500枚のポスターが次々に登場するのがいい。余計な言葉はなくて充分に味わえる。

  • 永井一正 ポスターライフ 1957‐2014 富山県立近代美術館
    http://www.pref.toyama.jp/branches/3042/3042.htm

    青幻舎のPR
    http://www.seigensha.com/newbook/2014/02/13113204

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1929年大阪に生まれる。1951年、東京藝術大学彫刻科中退。1960年日本デザインセンター創立に参加。現在最高顧問。1965年ADC(東京アートディレクターズクラブ)会員、1966年AGI(国際ブラフィック連盟)会員となる。現在、JAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)特別顧問。)

永井一正の作品

ツイートする