フランスの色景 -写真と色彩を巡る旅

著者 :
  • 青幻舎
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861524738

作品紹介・あらすじ

「現実」の3次元を「色」の3次元に分解!立体化によって初めて体感できる色の「真実」。フランス各地で撮影した港千尋の写真を色彩分析。色票全1250色、CMYK値、RGB値を併記。フランスの伝統色名、日本の慣用色名、系統色名を比較。最先端の色彩論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仕事で使う。。。

    青幻舎のPR
    「21世紀の色彩論
    フランスの色彩感覚と知性から生まれる風景を
    デジタル・プリズムで読み解く。

    写真家・港千尋がフランス全土を旅してとらえたフランスの日常、40の風景
    それらを、写真とコンピューター、デジタルメディアを駆使した"21世紀の色彩論"で分析。

    ■全1200色の色票・CMYK・RGB値を完備
    ■フランスの伝統色と日本の慣用色名をあわせて掲載。 」

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

港 千尋(みなと・ちひろ):
1960年生まれ。写真家、映像人類学者。多摩美術大学美術学部情報デザイン学科教授。多数の映像論を執筆し、写真集も多数出版している。2007年ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館コミッショナー、2016年あいちトリエンナーレ芸術監督。

港千尋の作品

ツイートする