京都の凸凹を歩く -高低差に隠された古都の秘密

著者 :
  • 青幻舎
3.70
  • (7)
  • (15)
  • (12)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 202
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861525391

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 京機会 総会 特別講演に向けて読了。
    あんまりおもしろくなかった。

  •  わたくしこのような本を待っていました。
     職業柄,旅行にでも行ったりすると,その地域地域の地質や地形が気になるのですが,NHK「ブラタモリ」を見てからは,もっともっと興味がわいてきています。番組自体,ほとんど録画してありますしね。
     さて,本書は,そんな「ブラタモリ」の京都編に何度も出演し,タモリに解説している梅林さんが書かれたものです。興味深くないはずがないです。本書を片手に京都を回ってみたいな。巻末に収録されている,NHKプロデューサー山内太郎さんとの対談も面白かったです。『2』もあるようなので,読んでみたいです。
     本書でも紹介されている,タモリの一言がいいですね。
    「地形は変えられない。変えても土地が覚えている」

     「ブラタモリ」が好きで京都も好きな方は必見です。

  • 2017/3/22祇園や大仏の項、面白かった。他は知らないとこだと今ひとつ。★3

  • 古地図、歴史から凹凸の由来を紐解く。
    実際に知っている所、また歩いてみたいところがたくさんあって、楽しく読めた。

  • 凸凹で京都を見れば現在とは違った姿が見える。京都の奥深さを感じる一冊!

  • 京都の凸凹地域を多様な資料や地図からその地域の歴史を探るというような図書。京都に住む人ならどこか通った場所が紹介されており、「そうだったのか。」と楽しめる。なんといっても古地図等が充実しているのがうれしい。この本を手にしてでかければ楽しいと思う。

  • ブラタモリ京都編のネタ本。
    ブラタモリよりディープ。

  • わたしの記憶力はあてにならないらしい。。
    「あ!梅林さんの本だ!」で飛びついて読み始めたら、そうそう、これ、知ってるー!そうなんだよねー!うんうん。あー、わたしも詳しくなったもんだ!
    なんて思っていたら、なんてことはない。。
    ブクログ登録時に再読であることに気づいた( ̄^ ̄)
    わたしの記憶力、大丈夫か?

    本の中身は「楽しい!」の一言。
    前回読んだ後に、桃山断層を実際に観に行ったり、祇園の裏に行ったりしたので、前回より遥かに楽しめた(笑)
    そりゃそーですよね。

    次回、もし、再再読があったら。。
    それまでに、今度は御土居と、太閤堤、指月城を体験しておきたいものだ。


    (前回の感想  2016年11月)
    ブラタモリで有名になった京都高低差崖会崖長の梅林さんの本。
    歴史が地形に残っているのが楽しい。
    でも、やはり、現場を生で見ていないので、イマイチ、イメージが浮かばない場所があること。
    実際に自分が行って、気にしていた場所であれば「あ!あそこがそうなんだ!」と感動できるが、その場所を生で見ていない場合は、本の中の写真と解説を照らし合わせて「ふーん」と思う程度で終わってしまう。
    この本は、歩きながら、探しながら、読む本だと思った。

    この中で「おお!あそこが!」と一番思ったのは、八坂神社西楼門前が桃山断層の断層崖だったこと。
    断層というと、地震のきっかけになる地形。それが、あんなところにあったとは!と、驚きだった。

    次回、京都に行く時には、この本を片手に歩きたいものだ。(でも、今回は図書館で借りたから返すけど)
    あと、まいまい京都に、いつか参加をしたい。(いつも、タイミングがあわず参加できない)

  •  この本の著者は,京都高低差崖会,崖長を名乗っておられる地理歴史のガイド(愛好家)である.

     この本では,京都市内の各地を実際に歩いて観察した地形を縦横無尽に語っている.簡単に地名だけ上げると,祇園八坂神社,円山公園,聚楽第址,今は亡き大仏址,鷹峰周辺の御土居,今は亡き巨椋池,指月城址,淀城.

     著者の探索方法は次のようなものだろう.まず歩いてみて,平坦地の中にある凸地や凹地・凸凹であるべき地形の中の平坦地に気づく.それらを自然や人間による活動の痕跡としてとらえて,どのようにしてできたのかを,自然地形や,歴史,古地図,絵図などを参考にして推理していく.古地図や絵図の扱い方からみて,著者は地理・歴史の専門的教育をうけられた方なのだろうと思う.

     祇園から円山公園にかけての風情あるたたずまいが明治期の街づくりによるものであったり,聚楽第・大仏・御土居・指月城および伏見の景観が豊臣政権の作り出したものであったりと,今までよく知らなかったことを写真とともに説明してくれていて,目からウロコが落ちることしきりである.

     ただ,行ったことのない場所もあったので,現代のツールであるグーグルマップやストリートビュ―を試してみたのだが,もうひとつうまく実感できない.やはり,現地を実際に歩くか,それがかなわなければNHKの「ブラタモリ」を見た方がよいと思う.それにしても,一見ただぶらぶらしているだけのようにみえる「ブラタモリ」がどれだけ綿密なプランをもって撮影・編集されているのかが,この本を並行して読むとよくわかる.著者による研究探索とNHKによる映像化が見事に融合している.

     豊臣政権にまつわる土木工事の痕跡にかかわる項目が多いのは,著者の好みだろうか.それとも,あれほどの大土木工事を行えたのは豊臣だけだったのだろうか.


    2016.08

  • ブラタモリ京都編の解説書。
    地形の記憶はいつまでも残るもの。

全15件中 1 - 10件を表示

梅林秀行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
みうら じゅん
佐藤雅彦
エラ・フランシス...
米澤 貴紀
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

京都の凸凹を歩く -高低差に隠された古都の秘密を本棚に登録しているひと

ツイートする
×