19世紀パリ時間旅行 失われた街を求めて

著者 :
  • 青幻舎
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861525919

作品紹介・あらすじ

約400点の地図・書籍・版画・油絵を辿りノスタルジーあふれる壮大な旅へ。パリへの熱い思いと、パリ研究の成果が集約された決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆
    https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB23587566

  • 「ニュクスの角灯」つながり。同時代のパリの図録を眺めてみたい思いから。その思いは十分に満たされました。パリの名がキウィタスク・パリシオルム(パリサイ人の町)から来ていたとは。パリ発展のキーポイントになった君主は、フィリップ2世、フランソワ1世、そしてナポレオン三世だったのかなと。ナポレオン三世、もっと調べたくなってきた。シャイーヌ「アイーシャ」、リヴィエール「エッフェル塔三十六景」、ユトリロ「雪の中のムーランド・ラ・ガレット」、佐伯祐三「ガス灯と広告」あたりは心惹かれた。ミュシャは、美世たちより少し後のパリで活躍したのだなと、思いを馳せたり。

  • <閲覧スタッフより>

    --------------------------------------
    所在記号:235.3||カシ
    資料番号:10238752
    --------------------------------------

  • 鹿島茂コレクション展覧会の公式図録兼書籍。
    失われたパリの風景や風俗を、書籍・版画・写真等で紹介している。
    I  パリ、変貌の歴史
    II  タブロー・ド・パリ
    III ナポレオン三世とセーヌ県知事オスマンのパリ大改造
    IV  1870年、新しいパリ
    V  世紀末のパリ ー ベル・エポック
    VI  20世紀、描かれ続けるパリ
    ローマ帝国時代からオスマンのパリ大改造後までの、パリの変遷。
    オスマンの大改造は大々的なものですが、それ以前にも、
    革命や内乱等で失われたパリの風景があります。
    多くの版画や地図が多く、過去の景色を鮮やかに残していて、
    かの著名人や小説の登場人物たちが闊歩したパリの街に
    想いを馳せられることでしょう。
    中でも資料の「いにしえのパリ」全300枚は、
    画像が小さいながらも、貴重。
    また、葛飾北斎の富岳三十六景の影響を受けたリヴィエールの
    「エッフェル塔36景」はユニークでした。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

フランス文学者

「2020年 『「悪知恵」のすすめ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鹿島茂の作品

ツイートする
×