人造人間あらわる!―帝都“少年少女”探偵団ノート (カラフル文庫)

  • ジャイブ
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861764127

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • “「でもね……」
    「なに?」
    「ちょっとおてんばになった、って」
    アユミちゃんは、くすっ、と笑った。
    「でもいいの。みんなといると楽しいから」”

    奥が深いといえば深いような。

    “「だからといって、見かけだけで差別するのは、かわいそうです。見かけただけで差別するから、あんなことをしてしまったの……」
    「アユミちゃん……」
    涙香先生が、つぶやいた。
    「この人、たしかに人造人間です。でも怪物じゃない。人造人間でも人間なの。ひとりのヒトなの」
    「そうかもしれないが……」
    「この人、友だちがほしかったの。ちゃんと向き合ってくれるお友だちがほしかったの」
    アユミちゃんは、それだけいうと、怪物の右手をにぎりしめた。怪物もまた、アユミちゃんの右手を包みこむように、にぎった。”

  • 購入日:200?/??/??
    読了日:2009/02/13
    やってきました、「あらわる!」シリーズ。
    洋書の登場人物を現代に蘇らせるのはいいけど、洋書さえあればいくらでも前の作品に出てきた登場人物を出せるとはいえ、出すなよ。
    敵の種類が増えていくだけじゃないか。

    でも、今回の人造人間は好きなキャラかもね。
    アユミちゃんいっつもさらわれますなぁ…。
    ちょっと友情が美しすぎるよ。

  • お次はフランケンシュタイン!!!!!
    やはり血が騒ぎますな。そして泣ける…。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

著者/楠木誠一郎
1960年、福岡県生まれ。「タイムスリップ探偵団」シリーズ(講談社青い鳥文庫)のほか、『天下人の軍師 黒田官兵衛』(講談社火の鳥伝記文庫)など、多くの著書がある。高校生のとき邪馬台国ブームで古代史好きになる。大学卒業後に歴史雑誌の編集者となり、広い範囲の歴史をカバーするようになった。

人造人間あらわる!―帝都“少年少女”探偵団ノート (カラフル文庫)のその他の作品

楠木誠一郎の作品

人造人間あらわる!―帝都“少年少女”探偵団ノート (カラフル文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする