セカンドウィンド〈1〉 (ピュアフル文庫)

  • 386人登録
  • 3.72評価
    • (36)
    • (58)
    • (71)
    • (5)
    • (1)
  • 48レビュー
著者 : 川西蘭
  • ジャイブ (2007年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (418ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861764530

作品紹介

溝口洋は、自転車で風の中に躍ることを好むクールな少年だ。中3になろうとするある日、峠道で揃いのウェアに身を包み、ロードバイクに乗る少年たちと出会う。そして、スピードを上げ遠ざかる彼らの背中を見ながら思った。負けたくない-。個性を磨き競い合う少年たちの姿を瑞々しく描く、正統派青春スポーツ小説シリーズ第一弾、書き下ろしで堂々登場。

セカンドウィンド〈1〉 (ピュアフル文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第一部は中二の主人公・溝口洋がロードの世界に足を踏み入れ、エリート集団から立ち去るまで。
    第二部は相棒を得て再びロードの世界に戻る洋を描きます。
    主人公・洋はいっぷう変わった落着きがありますが、祖父と二人暮らしの複雑な家庭、自然が多い環境、周囲の大人の関わり等の設定がハマり違和感はありませんでした。
    また同年代の少年たちのキャラもよくできていて今どきの中学生と話す時の不思議な面白さがよく出ています。
    一部の終わりで洋とライバルたちが連なって走る描写はとてもとても美しい。
    洋たちの成長をもっと追っていきたいです。

  • ロードバイクを題材としたスポーツ小説。機材が高額のため少年向けのスポーツではないのを上手く現実的にしている。単純に自転車に乗ることは楽しい。

  • とても楽しく読めました。いつになったら、じいさんを説得するのかとはらはらして読みました。
    若い頃、ATBで自然環境を考えずに走り回っていたときを思い出して、とても恥ずかしくなりました。

  • 080909

  • おもしろい

  • 自転車ものはいいですね

  • 『シャカリキ』の小説版って感じか。
    キャラクターは魅力的だし、ストーリーの起伏も適度にあるし、何より自転車好きとしてはこんな小説、認めないわけにはいかないでしょう。
    いや面白かった。まだまだ続刊があるみたいだけど、絶対次も読んでみたい。
    きっとあの人がああなってあの人とあの人との間がアレになるんだろうなあ。
    恐らく基本は中学生向けの小説なので展開は結構読みやすいけれど、それを補って余りある面白さ。掘り出し物だ。

  • 「サクリファイス」シリーズ→「ヒルクライマー」からたどり着きました。

    ロードレースってほんとストイックで孤独で苛酷な競技ですね…

    でも若いころに本気で挑めるものに巡り合えるって大切なコトだとしみじみ感じる一冊でした。続編も読みますよ :)

  • 1巻はレースの描写がほとんどないので微妙。

  • 自転車を通じて成長を描く第一弾。

    とても読みやすい内容。
    続きもあるみたいだから楽しめそうです。

全48件中 1 - 10件を表示

セカンドウィンド〈1〉 (ピュアフル文庫)のその他の作品

川西蘭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
近藤 史恵
有川 浩
有川 浩
有川 浩
近藤 史恵
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

セカンドウィンド〈1〉 (ピュアフル文庫)に関連する談話室の質問

セカンドウィンド〈1〉 (ピュアフル文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする