金原瑞人YAセレクション みじかい眠りにつく前にI 真夜中に読みたい10の話 (ピュアフル文庫 ん 1-10)

  • ジャイブ
3.53
  • (16)
  • (39)
  • (59)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 369
感想 : 54
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861765858

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アンソロジー。有島武郎さんの小さき者へが読めたのが収穫。

  • 心がザワザワする物語ばかり。タイトルの「みじかい」は気になって眠れないということなのかも。YAの大御所、金原さん的には森絵都さん、あさのあつこさん、佐藤多佳子さん、ですか。そうですか(^^;;

  • 0104.寺山修司『踊りたいけど、踊れない』2017/2/9 読了

    「金原瑞人YAセレクション みじかい眠りにつく前にI
     真夜中に読みたい10の話」より

    収録作品
    ①サラマンダー
     いしいしんじ
    ②おどる洗たく虫
     魚住直子
    ③十月のルネッサンス
     江國香織
    ④飛び出す、絵本
     恩田陸
    ⑤「共栄ハイツ305」杉並区久我山2‐9‐××
     角田光代
    ⑥真夜中のタクシー
     鷺沢萠
    ⑦踊りたいけど踊れない
     寺山修司
    ⑧タケヤブヤケタ
     梨屋アリエ
    ⑨おれがはじめて見た、茜色の果実について
     楡井亜木子
    ⑩小さき者へ
     有島武郎

  • 若い頃の気持ちに戻れる作品群でした。とはいえ作者のほとんどが同世代、懐かしい時間を想い出すことができた。

  • アンソロジーだと本当に一つ一つの作品の出来がバラバラ、っていうイメージが私の中にありましたが、
    これは良質揃い。
    集めましたって感じ。

    現代作家が多い中、
    寺山修司と、古典の有島武郎が入っている。
    きゅっと引き締まった感じです。

    「ヤングアダルト」を趣旨に集められて作品群ですが、
    どれもこれも全く違った方向性を持っており、
    作家の独自性がよく表れた一冊だと思います。

    有島武郎の「小さき者へ」はさすがに痺れました。
    圧倒的存在感です。

  • YAという枠に収まりきらないくらい、読み応えのある短編集。装丁も素敵やし、このシリーズが続いていってほしいなぁ☆

  • ☆3.5
    短編セレクションなので、空いた時間にサクサク読める。有島武郎が急に出てきてびっくりした。

  • 本シリーズの装丁画を描かれている中島梨絵さんのことを調べていたら
    偶然(必然?セレンディピティー?)に見つけたアンソロジー。

    時を同じくして、読みやすい翻訳で有名と紹介された
    金原瑞人氏とのダブルネーム的インパクトにより、
    これは読まないわけにはいかないと読んでみた。

    正直なところYAというカテゴリーがいまいちつかみきれないけれど、
    各作者紹介と解説含め、なかなか面白く読めた。
    印象に残った話は『おどる洗たく虫』、『飛び出す、絵本』、『踊りたいけど踊れない』。

    本書ベスト は『飛び出す、絵本』 。

  • アンソロジー。
    軽めなのかと思ったら、かなり濃かった。

    後半4編の流れが良い。
    かの有名な寺山修司、はじめてちゃんと読んだ。なるほどなぁ。

    恋愛ものって好んでは読まないんだけど楡木さんのは良かった。テンポが独特で、たまに誰のセリフかわかりずらい部分もあるような非常に軽い文章なのに、嫌な感じがしない。

    前半では恩田陸の「飛び出す、絵本」が好み。と言うかこれが一番好きかも。
    こういうアンソロジーを読むと、やはり私はファンタジーが好きなのだということが明白になる(笑)。

    金原瑞人×森絵都の解説が面白い。

  • 寺山修司のがよかった

全54件中 1 - 10件を表示

有島武郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有川 浩
村上 春樹
村上 春樹
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×