金原瑞人YAセレクション みじかい眠りにつく前にI 真夜中に読みたい10の話 (ピュアフル文庫 ん 1-10)

  • ジャイブ
3.52
  • (15)
  • (36)
  • (56)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 339
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861765858

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本当にみじかい眠りにつく前に読むのがちょうどいい短編集。全て好きだが寺山さんと江國さんと角田さんのが特にすき。

  • 真夜中に読みたい10の話と昼下がりに読みたい10の話を立て続けに読みました。既知の作家はもちろん、様々な作品が読めて満足。

    古典から引き抜かれたヤングアダルトへ薦めたい一篇が新鮮な感動を与えてくれました。
    旧くて新しい。

    特に昼下がりに読みたい10の話の方の花筐。青春とか情熱とか少年とか、そういった衝動が襲ってくるような作品。


    中々良い体験をした。ただ、本人も認めている通り"苦み"は強め。流石は金原瑞人。彼の邦訳は力強くて激しくて痛い。と私は思っている。その中に美しさが垣間見えたりするのだけれど。

    苦くて痛い。それでも素晴らしいと認めざるを得ない、作品群。

  • 江國 香織の短編がはいっていたのでそれだけ読むのに借りたのですが、
    今まで読んできた江國作品の中で一番不思議で、理解に苦しむ話でした。うむ。

  • YA(ヤングアダルト)第一人者である金原瑞人によるアンソロジー。収録作家はいしいしんじ、魚住直子、江國香織、恩田陸、角田光代、鷺沢萠、寺山修司、梨屋アリエ、楡井亜木子、そして森絵都が選んだ有島武郎。
    巻末には選者ふたりの対談もあり、収録作品の自分とは違う読み方(感じ方)が示されており、読書の楽しみを広げてくれます。
    もちろん同じ読み方をしていたとしても共感という楽しみがそこにある訳ですが。

    収録作品は少し変わった出自のものが多く、刊行当時文庫未収録のものも多くあり、そこもまたアンソロジーの面白さを膨らませてくれます。ここでなきゃ出逢えなかった作品もきっとあるでしょう。
    内容も千差万別。YAは読者の年齢層でのジャンルなため、却って様々なものを堪能できます。この中に気に入ったものがあれば、その作者の別の作品に手を出してもいいし、似たような雰囲気の作品を探してもいい。(探すのは難しければ人にきいてもいい)YA世代は何を読んだらいいのかわからなくなる世代でもあると思っています。僕自身がそうでした。そんな時にこういうアンソロジーが手伝ってくれるかも。

    おじいさんが本をゆっくり丁寧に読む理由、洗たく機の中に棲む洗たく虫の恋心、ハイツで同棲した男のこと、他人には言えない親のこと、10代の心(実年齢問わず)を刺激する物語が詰まっています。

  • 眠る前や、小さな時間に読むことの出来る本。
    旅先に持って行きたい。

  • 有島武郎はいいな
    寺山修司もよかった

  • 自分的には予想以上に大当たりだった。瑞人さんが好きだってことと角田さんの作品が読みたいって理由だけで購入したのだが、ハズレなしの密度の濃さには読んでいてため息が出た。
    角田作品と江國作品は、今の彼女らの作品とは違った初期だからこその危うさ・痛さが描かれていて、胸がちりちりとした。恩田作品もまた意外性に富んでて、絵本ガイドとしても最高の一編。(何で絵本ガイド?と思った方、是非読んでみて)個人的にツボだったのは楡井作品だ。恋の始まりの甘酸っぱさが瑞々しく、心の揺れが手に取るようにわかって、身悶え〜〜。
    そしてそしてトリは、文豪有島武郎!!唐突なチョイスに戸惑ったが、(このシリーズは収録作品の一編を古い作品から選ぶことにしているらしい。)決して浮かず、むしろこのアンソロジーをぎゅっと引き締めている。「小さき者へ」初めて読んだけど、名作の持つ力の強さをひしひしと感じた。
    巻末、作品解説を兼ねた瑞人氏とゲストの森絵都さんとの対談も面白い。YA作品の幅広さを感じさせる、珠玉のアンソロジー!これから続くシリーズの刊行が楽しみだな〜、古典からどんな作品をチョイスするかも含めて。

有島武郎の作品

ツイートする