ピーク・オイル -石油争乱と21世紀経済の行方-

  • 作品社 (2005年8月31日発売)
3.27
  • (0)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861820502

作品紹介・あらすじ

「ピーク・オイル」とは、世界の石油産出が、あと数年でピークに達することを意味する。以後、間違いなく産出量は減少し、安価な石油の時代は終焉を迎える。『ナショナル・ジオグラフィック』『ニューズウィーク』『ニューヨーク・タイムズ』なども特集記事を組み、世界の多くの研究者がこの事実を認めていることを報じ始めた。本書は、世界的に活躍する調査ジャーナリストが、巨大石油企業の思惑、米・欧・中国・OPEC諸国の駆け引き、さらに代替エネルギー開発、地球温暖化問題など、「ピーク・オイル」を背景にしてエネルギー問題の歴史と未来を多角的に論じた、衝撃の一冊である。

ピーク・オイル -石油争乱と21世紀経済の行方-の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イラク戦争は、やはり、米国石油資本の仕掛けた侵略戦争だった!

    読み辛いので、途中で断念!

  • ピーク・オイルが主題ではありませんでした。

  • 本書の重要なメッセージは「世界の(在来型の)石油生産量は数年のうちに減退する」という一言に尽きる。

    一方で、本書では省エネルギー技術の導入と代替エネルギー開発の重要性に関して若干言及しているけれども、果たしてそれだけで十分なのか。

    高騰するガソリン価格、それに連動しない物価と賃金。
    石油に依存し続ける限り先進国の生活水準はじり貧になっていく。
    すでにその兆候はあらわれている。お茶を濁す対処療法だけではなくて、省エネルギー型のライフスタイルと新しい巨大産業の育成に真剣にチャレンジしていかなければいけないんじゃないだろうか。

    ちなみに先進国の搾取や中東諸国と石油メジャーの戦いの歴史についてページを割いて言及しているけれど、興味のない人は読み飛ばしてもOK。

  • 内容は価値あるけど題名ズレてないですか?

全4件中 1 - 4件を表示

益岡賢の作品

ピーク・オイル -石油争乱と21世紀経済の行方-はこんな本です

ツイートする