200X年文学の旅

  • 作品社
3.30
  • (1)
  • (1)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861820519

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現代米露文学を交互に紹介。

  • 「200X年文学の旅」http://www.sakuhinsha.com/oversea/20510.html … 読んだ。デジャヴュ。。柴田元幸と沼野充義の交換日記スタイルの米ソ文学エッセイ。この二人というだけでも贅沢なのに、直接交流のある作家とのエピソードやトーク会の収録もあり内容は濃い。ソ連の事情や出来事がおもしろかった


    ーーーーー
    「200X年文学の旅」http://www.sakuhinsha.com/oversea/20510.html … を読んでいる。レイアウトと表紙に見覚えがあり「かもめ殺人事件」とかサリンジャーの新訳の話とかキーワード的にもデジャヴで、以前読んだかもという疑いが。ま、細部を全然覚えていないから2回目でもノープロなんだけどさ

  • (2010/05/02購入)
    今井書店 田和山店にて購入

    書評が読みたかったので、購入。沼野氏はロシア文学の研究者。ロシア文学について知識が全くないので楽しみ。

  • 2009/9/15購入

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

柴田元幸(しばた・もとゆき)
1954年東京都生まれのアメリカ文学研究者、翻訳家。東京大学文学部名誉教授。ポール・オースター、レベッカ・ブラウン、スティーヴン・ミルハウザー、スチュアート・ダイベック、スティーヴ・エリクソンなど、現代アメリカ文学を数多く翻訳。
2010年、トマス・ピンチョン『メイスン&ディクスン』(新潮社)で日本翻訳文化賞を受賞。マーク・トウェインの翻訳に、『トム・ソーヤーの冒険』『ジム・スマイリーの跳び蛙―マーク・トウェイン傑作選―』(新潮文庫)、最近の翻訳に、ジャック・ロンドン『犬物語』(スイッチ・パブリッシング)やレアード・ハント『ネバーホーム』(朝日新聞出版)、編訳書に、レアード・ハント『英文創作教室 Writing Your Own Stories』(研究社)など。文芸誌『MONKEY』、および英語文芸誌Monkey Business 責任編集。2017年、早稲田大学坪内逍遙大賞を受賞。

柴田元幸の作品

ツイートする