ピーク・オイル・パニック―迫る石油危機と代替エネルギーの可能性

制作 : Jeremy Leggett  益岡 賢  楠田 泰子  植田 那美  リックタナカ 
  • 作品社 (2006年9月発売)
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861821035

作品紹介

問題なのは「ピーク・オイル」による石油産出量の減少ではなく、それによる「経済パニック」である。すでに世界では、原油価格は高騰をつづけ、残された石油資源の争奪戦が始まっている。本書は、英国の地質学者であり、巨大石油企業のコンサルタントとして石油探査をしてきた著者が、現在、調べられる限りのデータ・資料と専門的分析をもって、石油業界が隠しつづける「ピーク・オイル」の真実を明らかにし、そして深刻化する地球温暖化・異常気象による世界経済への影響をも示しながら、代替エネルギーの技術的・経済的可能性をダイナミックに論じた、欧米で話題騒然の書である。

ピーク・オイル・パニック―迫る石油危機と代替エネルギーの可能性の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 石油産出の今後とエネルギー問題を予測する。
    環境問題が関心事項となっている昨今で、その大きな要因となっているのが石油の存在です。石油は世界経済を動かす原動力になっていますが、その石油の産出がピークを迎えた時、代替エネルギーがどうなるか、ビジネスはどう変わるかについての可能性を示した本です。この本が書かれたのは2005年であり、まだ金融危機・原油高騰が始まる前の段階で書かれたものなので、その後実際にパニック的な原油高騰が起きたのは、著者の予想通りでした。石油開発の歴史から、石油掘削に纏わる技術、代替エネルギー、石油ピーク論、地球温暖化との関連、危機回避の提案など、石油に纏わる現状を知りたい人には、参考になると思います。

  • もうすぐ来るのかー。
    怖い。
    超怖い。

全2件中 1 - 2件を表示

ジェレミー・レゲットの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A. トフラー
レイチェル カー...
トーマス・クーン
J・モーティマー...
リチャード・ドー...
M.E. ポータ...
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

ピーク・オイル・パニック―迫る石油危機と代替エネルギーの可能性はこんな本です

ツイートする