現代小説の方法

制作 : 高澤 秀次 
  • 作品社
3.88
  • (6)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861821127

作品紹介・あらすじ

いま、小説はいかに可能か。壮大な物語世界を背景に、現代文学の異形の巨人が語る小説作法。知られざるパリ講演「三島由紀夫をめぐって」を含む、中上絶頂期の単行本未収録発言。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小説というものが発生した時分から見ても私たちの生活は家族、インフラ、空間、あらゆる点において小説から阻害された時代にあるのでそういったものたちを取り扱う場合はそのことに注意しましょう、というありがたいおはなし。

  • 2010/05/19

  • 2007/12/16購入
    2010/4/12購入

  • 小説と世界は繋がっています。

  • 中上の小説観を見る上でとても面白い。中には何を言ってるのかよく分からない部分もあるのだけど。小説というものが如何に自由ではないか、物語というものが如何に強靱か、その辺の感覚は非常に重要だと思う。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1946年和歌山県生まれ。74年『十九歳の地図』でデビュー。76年『岬』で芥川賞、77年『枯木灘』で毎日出版文化賞、芸術選奨新人賞を受賞。他の作品に『千年の愉楽』『地の果て 至上の時』『日輪の翼』等。

「2015年 『中上健次』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中上健次の作品

ツイートする