がんばれ、ブランデンブルク州!

著者 :
  • 作品社
3.55
  • (0)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861821547

作品紹介・あらすじ

プロイセンの宮殿、少数民族が暮らす土地、国境に分断された街、ヨーロッパ最大の地域開発の舞台、東ドイツを担った重工業の街…。並木道を抜け、湖を越え、旧東ドイツのいちばん東で、今を生きる街に行ってみよう。首都ベルリンを取り囲むブランデンブルク州の文化・歴史・自然のすべて。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 旅行地としてはマイナーなドイツのブランデンブルク州。ベルリンを中心に置きながら、観光コースにはまず入らないこの州の魅力。結局、観光地としての華やかさは無いという結論だが、観光地でないドイツの土地と人々の持つ魅力。東ドイツの歴史への向き合い方。
    ある意味で他の地域よりぐっと親しみが持てるのは、そこの人たちの思いや生活がこの本から伝わってくるからかな。文もシンプルで、すっと入ってきて、いい本。この本片手にブランデンブルク州を旅したいなあと思った。

  • ロマンチック街道やシュバルツバルト、ケルンなどに比べて影が薄い(!)ブランデンブルク州の楽しみ方を紹介している。

    日本人なら誰でも知っている(はず)のポツダム以外の、あまり観光色が強くない地域についても紹介している。

    私の妄想ドイツ旅行の日程にブランデンブルク州ぐるり旅が追加されました。

  • ・・・ドイツ行きたい(泣)

    新しい州の今を知ることができて大変興味深かったです。
    より一層ドイツ行きたくなりました。
    がんばって留学するぞ・・・!

    同じクラスの人たち全員に読んでほしいなぁ。

  • ドイツのちょっとマイナー(失礼)な州のおはなし。
    すてきなとこですね。行ってみたい!
    その土地のことを知るには、観光地です!って場所と、もっと地元っ子がいる場所と両方に行った方がいいのかも。と思わせてくれました。

  • ブランデンブルク州の紹介

全6件中 1 - 6件を表示
ツイートする