短篇小説集 軍師の生きざま

  • 作品社
3.20
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861822070

作品紹介・あらすじ

直江兼続、山本勘助、石田三成、柳生宗矩…。群雄割拠の戦国乱世、知略をもって国の礎を支え、天下にその名を轟かせた策士たちの戦いと矜持!名手10人による傑作短篇アンソロジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編小説集となっていて、軍師に関する話が集まっていますが、中には、斎藤道三や石田三成など、この人軍師?という人の話もありました。

    全部で10人の人の短編がまとめられていて、その中でも、新田次郎さんの武田晴信の初陣で板垣信形(方)が活躍していた、という話と、隆慶一郎さんの柳生宗矩の話が面白かったです。

    特に、柳生宗矩の話は「影武者徳川家康」のサイドストーリー的な位置づけ?となっていました。

    ↓ ブログも書いています。
    http://fuji2000.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-8691.html

  • 新田次郎「異説 春信初陣記」(板垣信形)、坂口安吾「梟雄」(斉藤道三)、宮本昌孝「紅楓子の恋」(山本勘助)、海音寺潮五郎「城井谷崩れ」(黒田官兵衛)、火坂雅志「石鹸」(石田三成)、尾﨑士郎「直江山城守」(直江兼続)、隆慶一郎「柳生刺客状」(柳生宗矩)、大佛次郎「真田の蔭武者」(真田幸村)、国枝史郎「後藤又兵衛」(後藤又兵衛)、池波正太郎「獅子の眠り」(真田信之)

    10つの短編集。まあまあ。歴史物は色々な解釈や脚色があっていいと思うし、短編なので結構あっさりと楽しめる。しかし、印象深い話は特にない。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

新田 次郎(にった じろう)
1912年6月6日 - 1980年2月15日
長野県諏訪郡上諏訪町(現:諏訪市)生まれの日本の小説家、気象学者。本名は藤原 寛人(ふじわら ひろと)。電機学校(現:東京電機大学)卒業。次男に研究者・作家の藤原正彦。
終戦後で生活が困窮しているところ、作家である妻の兩角(もろすみ)ていの刊行した『流れる星は生きている』がベストセラーになったことから作家を志し、執筆活動を兼業する。
1956年『強力伝』で第34回直木三十五賞受賞。1966年に専業作家。1974年に吉川英治文学賞、1979年に紫綬褒章。
気象職員としても富士山気象レーダー建設という大きな業績で名を残しており、退職時には気象庁から繰り返し強い慰留を受けた逸話が残る。

新田次郎の作品

ツイートする