[新釈]罪と罰ーースヴィドリガイロフの死

著者 : 三田誠広
  • 作品社 (2009年6月11日発売)
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861822506

作品紹介・あらすじ

影の主役、好色なエゴイストはなぜ自殺するのか?これまでの作家論・作品論を咀嚼しつつ謎多き名作の主題と構造を見事に脱構築し、原作以上の興奮と感銘をもたらす渾身の書き下ろし小説900枚。

[新釈]罪と罰ーースヴィドリガイロフの死の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2009年 11月 図書館で借りた。罪と罰のわかりやすい解説ってかんじ。

  • イエス・キリスト、釈迦、般若心経、ビッグバン、空海、親鸞、アインシュタイン、マルクスなど、とどまることを知らない三田誠広の博学多識さと旺盛な創造力は、ついに自らの根源的深部を解析しようとドストエフスキーに挑みますが、私は彼の挑戦に応えることができるでしょうか?・・・・・

全2件中 1 - 2件を表示

三田誠広の作品

[新釈]罪と罰ーースヴィドリガイロフの死はこんな本です

[新釈]罪と罰ーースヴィドリガイロフの死を本棚に登録しているひと

ツイートする