戦後の音楽――芸術音楽のポリティクスとポエティクス

著者 :
  • 作品社
3.75
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 21
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861823046

作品紹介・あらすじ

戦後65年、だがその音楽史は、いまだその多くが「見えない歴史」に閉ざされたままである-音楽批評/研究の最前線を牽引する著者が、尖鋭な方法意識と緻密な資料渉猟を踏まえ、驚くべきスケールで描き出す、決定版「戦後音楽史=論」1200枚がついに誕生!GHQの音楽政策、うたごえ・合唱運動、十二音技法、オペラ、映画の音楽、放送、批評など、多彩多様なテーマ群に、刺激に満ちた数々の発見を通して肉薄していく。もう本書なしに、日本の現代音楽は語れない。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【選書者コメント】本書の特徴は、戦後の歌謡曲のみならず、映画音楽にも言及している点である。映画と音楽のタイアップは今に始まったことではない。
    【請求記号】7600:920

  • なんだかなあ・・・

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1958年生まれ。東京大学大学院教授。東京大学文学部、東京藝術大学大学院博士課程修了。1986~88年ドイツ学術交流会の奨学生としてボンに留学。2005年文科省の派遣でベルリン自由大学の客員研究員。2019年ベルリン芸術大学客員研究員。オペラおよび現代の音楽を多角的に研究中。著書に『フェッルッチョ・ブゾーニ~オペラの未来』(吉田秀和賞)等多数。第4回出光音楽賞、第66回芸術選奨評論等部門受賞。令和3年度春紫綬褒章受章。

「2021年 『オペラ 愛の壊れるとき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長木誠司の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×