健康な悟性と病的な悟性

  • 作品社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861823152

作品紹介・あらすじ

ギリシャ以降の抽象に淫した西欧哲学を「病的な悟性」と見立て、世界・人間・神を機軸とする「健康な悟性=常識」と「対話」による哲学の回復を目指す『救済の星』の闡明。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  ローゼンツヴァイクの主著『救済の星』を解説する一種の「プロレゴメナ」として、出版社の求めに応じて書かれながら、彼の生前には出版されることのなかった小著の日本語訳。この訳者のこれまでの訳業同様、読みやすい翻訳に仕上がっている。生から乖離した本質を求める哲学病とも言うべき病を治すべく、サナトリウムで数週間を過ごすという、訳者解題にもあるとおり、トーマス・マンの『魔の山』にも似た舞台設定の下、『救済の星』の根本思想がコンパクトに紹介されるし、その「イオニアからイエナ」までの西洋哲学の批判が意図するものが明瞭に浮かび上がっているように見える。なかでも重要と思われたのは、言語を「名づける」ことから捉え、さらに発話を翻訳と考える思想が展開されていること。ベンヤミンの言語哲学と重なる議論であるが、ここではそうした言語論が、世界と人間と神の存在をこれらの関係において現実化する「と」の働きとも結びつけられている。原書と照らし合わせて再読したい。単行本は入手しにくいようだけれども。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

(Franz Rosenzweig)
1886年、ドイツに生まれる。ゲッティンゲン大学、ミュンヘン大学にて医学を、フライブルク大学にて歴史学・哲学を学び、フリードリヒ・マイネッケの指導のもと、ヘーゲルに関する博士論文を提出する(1921年、『ヘーゲルと国家』として刊行)。第一次世界大戦末期の1918年、バルカン戦線の塹壕のなかで霊感を受け、主著『救済の星』を執筆(1921年刊行)。1920年、ユダヤ人のための成人教育機関「自由ユダヤ学舎」を開校。1921年、筋萎縮側索硬化症を発症。マルティン・ブーバーとともに旧約聖書の新しいドイツ語訳に着手するが、1929年逝去。日本語訳に『救済の星』(村岡晋一他訳、みすず書房、2009年)、『健康な悟性と病的な悟性』(村岡晋一訳、作品社、2011年)、『ヘーゲルと国家』(村岡晋一他訳、作品社、2015年)がある。

「2019年 『新しい思考』 で使われていた紹介文から引用しています。」

フランツ・ローゼンツヴァイクの作品

健康な悟性と病的な悟性を本棚に登録しているひと

ツイートする
×