盆踊り 乱交の民俗学

著者 :
  • 作品社
3.45
  • (3)
  • (6)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 126
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861823381

作品紹介・あらすじ

「盆踊り」とは、生娘も人妻も乱舞する"乱行パーティ"だった。日本人は、古代より性の自由を謳歌してきた。歌垣、雑魚寝、夜這い、盆踊り…万葉の時代から近代までの民俗文化としての"乱交"の歴史。秘蔵図版・多数収載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書の表題は『盆踊り』。ここだけ見ると、夏ももう終わりだねぇなどと呟きたくもなる。しかし、副題を見落とさないで欲しい。「乱交の民俗学」と書かれてある。さらにオビには「<盆踊り>とは、生娘も人妻も乱舞する”乱交パーティ”だった!」の文字が。これはもはや、只事ではない。

    コペルニクス的転回とは、このようなことを指すのだろう。あの夏の風物詩である盆踊りが、歴史的に紐解くと、乱交パーティだったなんて。本書は、それをさまざまな史料を掘り起こしながら再確認しようという試みの一冊である。著者は、風俗史家。一口に風俗といっても様々な意味があるわけが、あんな意味やこんな意味の双方をおさえている両刀遣いである。

    例えば、あの有名な「ええじゃないか運動」も、性的な要素を多分に孕むという。通常、歴史の授業で教わるような「ええじゃないか運動」の説明はこうなる

    日本の江戸時代末期、東海道、畿内を中心に、江戸から四国に広がった社会現象である。天から御礼が降ってくる、これは慶事の前触れだ、という話が広まるとともに、民衆が仮装するなどして囃子言葉の「ええじゃないか」等を連呼しながら集団で町々を巡って熱狂的に踊った。(Wikipediaより引用)

    ところが、本書で引用されている史料によると、下記のようになるのだ。

    あの慶応三年の政治的危機が醸し出す異常な社会的雰囲気の中にあって、いとも簡単に、宗教的エクスタシーと、それをかりての性的倒錯の放埒情態の中に、革命的エネルギーを放散せしめてしまったのである。

    こんな重要なことを、なんで今まで誰も教えてくれなかったのだろうと、文句の一つも言いたくもなる。

    本書によると、その起源は古代まで遡るという。万葉集などにも記述されている「歌垣」というのが、その始まりである。古代の日本では、若い男女が近所の山に登り、歌を交換しあった。そして気が合ったら、見知らぬ者同士でも、その場で性的な関係を結ぶという風習があったのである。歌垣そのものは、現在の出会い系に意味合いの近いものだが、これが見事なまでに歌の部分が省略され、「雑魚寝」といった直截的な乱交へと進化(?)を遂げるのだ。

    やがて、これは社会的なものへと広がっていく。その際のエポックとなった人物が、一遍上人である。ひたすら念仏を唱え、激しく体を震わせることによって宗教的エクスタシーに達することを目的とした”踊り念仏”、これが庶民の風流の中に取り入れられて、念仏踊り、盆踊りへと生まれ変わったのである。

    さらに盆踊りは江戸時代に一気に花が開き、ご乱痴気は日本全国で同時多発的に起こっていた模様だ。そして、この時代の盆踊りには、特徴的なことがあげられる。関係を秘めたものにするという、新しい形が登場したのだ。秋田県西馬音内の盆踊りに代表される「亡者踊り」などが、その類である。黒い覆面に目穴だけを開けた踊り子が、ズラリと列をなして踊るものであるそうだ。これは実名制から匿名性への移行を意味するわけであり、乱交度合いもいっそう激しさを増したに違いない。

    このように著者は、万葉集から各地の風土記までさまざまな史料をもとに、その歴史的な実態を丹念に検証していく。根底にあるのは、既存の民俗学へのアンチテーゼである。性の問題を矮小化してきたことにより、ずいぶんつまらないものとして語り継がれてきたという憤りにも近い感情があるのだ。

    このような盆踊りの性格に終止符が打たれるのは、明治維新のころである。西洋化を国是とする中で、”世界に恥をさらす風習”として、盆踊り禁止令が次々と発令されていくのだ。個人的には、この何気ない禁止令が、後の日本人の性格に大きく影響を与えたような印象を受ける。盆踊りは、決して年がら年中行われていたわけではない。そこには”ハレとケ”という線引きがきちんとなされていたのだ。これをやみくもに禁止してしまったから”ハレとケ”という線引きは、”本音と建前”という線引きに変わらざるを得なかったのではないだろうか。

    グローバル化のために行われた盆踊り禁止令。それが、外国人に評判の悪い”本音と建前”というものを生み出し、真のグローバル化を阻害する要因になったとしたら、なんとも皮肉なことである。このように歴史を裏側から見ると、モノの見方もがらりと変わり、様々なことが見えてくる。

    ちなみに、本書は作品社の「異端と逸脱の文化史」というシリーズの中の一冊である。本シリーズの中には『マスターべションの歴史』『おなら大全』『うんち大全』『でぶ大全』『お尻とその穴の文化史』『体位の文化史』など、変な本が盛りだくさんである。興味のある方は、ぜひご一読を。

  • お盆に帰ってきたご先祖の霊へ向けた踊りとか思ってたら全然違った。なるほどね。

  • [ 内容 ]
    「盆踊り」とは、生娘も人妻も乱舞する“乱行パーティ”だった。
    日本人は、古代より性の自由を謳歌してきた。
    歌垣、雑魚寝、夜這い、盆踊り…万葉の時代から近代までの民俗文化としての“乱交”の歴史。
    秘蔵図版・多数収載。

    [ 目次 ]
    第1章 歌垣―乱交の始まり(歌垣とは;宮中の歌垣;史料と伝承の中の歌垣)
    第2章 雑魚寝と夜這い(「風流」という文化の嵐;若者組と夜這い;雑魚寝と雑魚寝堂)
    第3章 踊り念仏の狂乱と念仏踊り(念仏の官能化;盆の踊りから、盆踊りへ;伊勢踊りと小町踊り)
    第4章 盆踊りの全盛と衰退(念仏踊りから、お盆の乱交へ;全盛を迎える盆踊り;盆踊りと近代)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 下川耿史『盆踊り 乱交の民俗学』作品社、読了。商業化・馴化された「夏の風物詩」には、実は「性的共感」の場が存在した。本書は伝統行事を「性」の問題と捉えず信仰や儀礼にすりかえた従来の民俗学を挑発する一書。風流とはひそかに選びあうこと。画一的な男女観を見直すきっかけにもなる。

  • 男神に雲立ち登り時雨降り濡れ通るとも我帰らめや
    高橋虫麻呂

     「盆踊り」の文化史を、性的な「乱交」という少々刺激的なキーワードで考察した下川耿史の著書は興味深かった。風俗史家である氏ならではの資料が活かされ、貴重な図版も説得力を添えている。
     古代の若い男女には、「歌垣」という出会いの場があった。近くの山に登って歌を交換し、気が合えば性的な関係を結ぶ。もちろん、限られた日のみに許されたものだ。
     掲出歌は「万葉集」巻九に収録、筑波山での歌垣を題材にした歌である。男の神が宿る筑波山に時雨が降り、体の中まで濡れても私は決して帰らない、という意気込みが代弁されている。歌垣には遠方からも男女が参加したそうで、今ふうに言えば、一大イベントでもあった。
     歌垣は、平安後期から中世にかけて、「雑魚寝」や「夜這い」に変わっていった。当時の「風流【ふりゅう】」という非日常の発想が、その変化をうながしたという。男性の女装、女性による男装なども、この時期の風流を伝えるものだ。
     その後、念仏踊りなどの影響を経て、江戸時代に「盆踊り」という呼び名の民俗行事として定着し、今に続いている。
     ただ、昭和の戦争期以降、盆踊りから性的なイメージは切り離され、民俗学でも性を話題にすることは避けられてきた。そのタブーに切り込んだ著者は、もう一つ、大切な視点を伝えている。夜這いや盆踊りの担い手は、その地域の若者たちということだ。若者こそが民俗文化を担うという点で、今日との比較考察をするのも一興だろう。

    (2012年8月12日掲載)

  • 西暦700年代、記紀が成立した頃に端を発する歌垣から幕末の“ええじゃないか”を経て戦前辺りの盆踊りまでの行事は乱交と表裏一体の文化だった。
    著者は「風俗史のライター」と言うことで、確かに学者の先生の著書に比べると詰めの甘さが垣間見られるが、その分文章が読みやすかった。
    肝心の「踊り念仏」「念仏踊り」「盆踊り」の定義が弱いのがちょっと残念だったかな。

  • タイトルはインパクトあるが

    マジメに民族・風習を扱った本

    祭りや豊穣の由来が見えてくる

  • ・下川耿史「盆踊り 乱交の民俗学」(作 品社)は正に書名通りの書である。「風習や伝統行事などを、〝性的共感〟という側面から見直す ことも可能ではないか、本書はそういう視点から見た盆踊りの文化史である。」(20頁)端的に言へば、盆踊りと性的共感、つまりは乱交は 不可分だといふのである。これが本書のテーマである。古代の歌垣から近現代の夜這ひや盆踊りまでをこれで論じてゐる。首尾一貫してゐる。 ぶれない。あくまで性的共感である。それゆゑに、私には例へばこんなところに疑問が残る。第1章「歌垣ー乱交の始まり」にある常陸国風土 記のエピソードである。歌垣に行つた若い男女が一夜を共に過ごしたが、気がつくと夜が明けてしまつた。そこで二人は「人に見られることを 恥じて、松の木となり果ててしまった。」(31頁)なぜか。下川氏はこれを、「あまりの恥ずかしさに固まってしまい、ついにその場の松の 木になってしまったと」(同前)する。更に氏とは異なる見解も示され、それは簡単に言へば、時間と、場所の禁忌、タブーを犯したからとい ふものである。だから「松の木になっ」た……。氏はこれを一蹴する。タブーを犯したのを「死に値するほどの恥とする見方」(32頁)は採 らず、あくまで「私は風俗ライターとしての自分の実感に忠実でありたい。」(同前)といふ。本書は学術的な著作ではない。かういふ態度 も、たぶん、許される。ただし許されることと、それによつて結論を出すこと、あるいは出された結論が正当であるか否かは別問題である。私 は、この場合はタブーによるものと考へる。現代にもタブーは存在するが、タブーは古代社会には広範に存在し、人々はそれに強く縛られた。 この風土記の歌垣で、全く無条件に乱交が認められてゐたのであらうか。たぶん違ふ。下川氏は筑波山の歌垣を「この日ばかりは結婚した男女 も、大いに性的な解放を満喫できる日」(24頁)と言ふ。この日だけ許されるからには何らかの条件があるはずである。条件あつてこその 「この日」なのである。それがタブ-につながる。これはどこの歌垣でも同じではないのか。ならば、常陸国の例は、現代人の感覚よりもあく まで古代人と古代社会の一事象として見るべきではないか。本書には、多くはないが、筆者の風俗ライターとしての感覚で見るといふところが ある。先の例以外は気にならないのだが、へたをするとこれは独断と偏見に陥り易いとは思ふ。
    ・私の盆踊りや念仏踊りは乱交からはるか離れた地点にある。いや、これは私だけではあるまい。現代人は誰しも盆踊りをそんなものだと思つ てゐる。これは江戸から明治の禁令等が現代に大きく尾を引いた結果である。本書は盆踊りと乱交は不可分だといふ。私にも歌垣や夜這ひの知 識はあつた。踊り念仏の恍惚も知つてゐた。しかし、乱交とは、ある意味センセーショナルな物言ひである。さういふ語と踊り念仏も盆踊りも 結びつかなかつた。それだけに本書の内容は新鮮であつた。衝撃ではない。これまで考へもしなかつたやうなことを教へてくれた。だから新鮮 である。これが、著者の風俗ライターの風俗ライターたる所以であらう。最後のあたりで、柳田国男の有名な「清光館哀史」が出てくる。氏は ここにも「歴史を見る人々の間に」ある「ステレオタイプな見方」(227頁)が存在するといふ。農民は虐げられてゐる、哀しいといふ見方 はむしろ逆ではないか、風流(フリウ)の盛行を見よといふのである。さうかもしれない。これも必要な見方であらう。蒙を啓かれる思ひであ る。ただし、性的共感に重きを置きすぎると道を誤るのではないかと思ふ。一読後、感じたことである。如何。

  • 盆踊り、乱交の民俗学って、とにかく題字に惹かれて思わず手に取りました。
    「夜目遠目傘の内」っていうけど、「傘の内」っていうのは例えば徳島の阿波おどりですよね。そういうのも、顔を隠して引きあう同士が一時の逢瀬を楽しむんだと。
    日本人って結構そういうおおらかな性風俗があったんだなぁって、わかりました。

    〈盆踊り〉とは、生娘も人妻も乱舞する“乱交パーティ”だった!著者さんはおっしゃる。
    日本最古の“乱交”の記録は、『記紀』や『風土記』の「歌垣」なんだって。

    そして、中世からは「雑魚寝」や「夜這い」、江戸時代には日本各地で「盆踊り」という形で乱交は行なわれ、明治以降も何らかの形で密かに続けられたという。
    森鴎外も『ヰタ・セクスアリス』で、故郷・津和野の盆踊りでの「性的な体験」を記している、と。確かにそんなシーンありましたね。

    まあまあ面白かったですが、ほんと、まあまあかな。感想になってませんけど。

    おすすめ度は5点中、3点。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1942年、福岡県生まれ。早稲田大学文学部卒業。著書『男性から見た昭和年始』全4巻(第三書館)、『死体の文化史』『殺人評論』『セクソロジー異聞』(いずれも青弓社)、『びっくり人間大集合』『青春、ブラインドサイド』(ともに双葉社)、『ザ・コレクター』(秀英書房)、『Off Artists──B級泥棒紳士録』(二十一世紀書院)ほか。

「1996年 『世紀末エロ写真館』 で使われていた紹介文から引用しています。」

下川耿史の作品

ツイートする