ターミナルライフ 終末期の風景

著者 :
  • 作品社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861823527

作品紹介・あらすじ

20世紀文学の描く老いと死を読み解く、文学エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  1950年代生まれの著者は、世界文学に目覚めた青年期に空前の文学全集ブームを経験。それらの名作を十代で「制覇」した著者はしかし、「人生の峠を越した自分の中で」、それらが「どのような新しい相貌とともに甦る」のかを確かめたいと、人の終末期がテーマとなっている名作を再び手に取ることにした。その、「新しい相貌」への新鮮な驚きの記録が本書だ。
     古典とは、初めて読んでも懐かしい印象を受け、何度読んでも新しい発見がある作品のことだと聞いたことがある。であるならば、本書で取り上げられた19作品はすでに古典と呼べるだろう。
     変身後の<害虫>を<介護老人>の姿に重ね合わせる『害虫の生─変身(カフカ)』と、人間の「生」なるものが「腐敗」の過程であることを直視する『決壊─なしくずしの死(セリーヌ)』が秀逸。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1955年岡山県生まれ。兵庫県出身。東京大学大学院人文科学研究科比較文学比較文化博士課程中退。1984年より、熊本大学文学部講師から助教授、1997年より、立命館大学文学部教授を経て2003年より同大学院先端総合学術研究科教授。日本比較文学会会長。専攻はポーランド文学、比較文学。

西成彦の作品

ツイートする