現代ドイツ思想講義

著者 :
  • 作品社
4.06
  • (6)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861823824

作品紹介・あらすじ

ハイデガー、フランクフルト学派からポストモダン以降まで。資本主義を根底から批判し、近代の本質を暴露した、思考の最前線を"危機の時代"のなかで再び召還する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み直したさ:★★☆(図)
    アドルノ=ホルクハイマー『啓蒙の弁証法』の解説に半分が割かれている。残り半分にてドイツ思想の解説。ルカーチあたりからホーネットまで。概略を掴むときに読み直したい。
    〈感想〉
    分かりやすい。

  • 序盤の「啓蒙の弁証法」の解説がありがたかったです。後半の「公共」に関する考察も、最近何かと「公共」が話題になるため、大変ためになりました。

  • 20世紀ドイツの哲学の王道の人たちの勘所は最低限おさえてある。
    ただ全体としては「『啓蒙の弁証法』読解」+おまけ、と言った方がいいかも。ハイデガー、アーレントあたりはやはり紙幅が足りていないので、原著や別の解説書にもあたった方がいい。

    ドイツ語の原文を引っ張ったりしながら難解なところを丁寧に解説してあるので、初学の人、あるいは復習のために用いるのには使えると思う。

  • いわゆる現代思想の中でも、特にドイツのそれに焦点を当てて解説した本です。

    とにかく分かりやすい、読みやすい、コンパクト、面白い――と、現代思想の入門編としてはこれ以上のものはないのではないかといってもいいレベルです。

    ただ途中、アドルノの『啓蒙の弁証法』の読み解きにかなりのページ数が割かれていて、ドイツの現代思想を均等に眺めまわしているというにはちょっと偏りがあるかも知れません。

    むかし『現代思想の冒険者たち』シリーズを読んで以来、現代思想というのはハーバーマスとクリステヴァでストップしている印象があったのですが、彼ら以降の思想動向のようなものもちゃんと解説されています。
    ドイツ現代思想の「今」が分かる本でもあるのです。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1963年、広島県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究博士課程修了(学術博士)。現在、金沢大学法学類教授。文学や政治、法、歴史などの領域で、アクチュアリティの高い言論活動を展開している。著書に『「不自由」論』『お金に「正しさ」はあるのか』(以上、ちくま新書)、『日本とドイツ 二つの全体主義』(光文社新書)、『集中講義!アメリカの現代思想』(NHKブックス)、『カール・シュミット入門講義』(作品社)、『精神論ぬきの保守主義』(新潮選書)、『今こそアーレントを読み直す』(以上、講談社現代新書)、『いまこそハイエクに学べ』(春秋社)などがある。

「2018年 『思想家ドラッカーを読む』 で使われていた紹介文から引用しています。」

仲正昌樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
マックス ヴェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

現代ドイツ思想講義を本棚に登録しているひと

ツイートする