ぼくの見つけた絶対値 (金原瑞人選オールタイム・ベストYA)

制作 : 金原 瑞人  代田 亜香子 
  • 作品社
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861823930

作品紹介・あらすじ

数学者のパパは、中学生のぼくを将来エンジニアにしようと望んでいるけど、実はぼく、数学がまるで駄目。でも、この夏休み、ぼくは小さな町の人々を幸せにするすばらしいプロジェクトに取り組む"エンジニア"になった!全米図書賞受賞作家による、笑いと感動の傑作YA小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絶対値はプラスやマイナスの符号を取るのではなく、マイナスをプラスに変えてくれる。マイナスが大きいほどプラスも大きくなる。
    計算が苦手で自分の将来に不安を抱えている思春期の主人公マイク。あるプロジェクトに関わることで自分のマイナスをプラスのエネルギーに変えていきます。

  • 親が期待する息子になれない男の子が、休暇を過ごすことになった親戚のところでかなり無理がありすぎる難題を解決することで、自分に自信を付けることができたし、親と意思の疎通ができるようになる話。人にはそれぞれ道があって、それは必ずしも親が望むものと同じではない、それが主人公の見つけた”絶対値”なんでしょうね。父親のような数学の才能はなくても、主人公には誰かを動かせる熱意がある。登場人物はみなパンチの利いた人ばっかりでしたが、読後感のよい話でした。

  • 読み切るのが非常につらかった。
    ちょっと微妙かな

  • 少年の目線から、社会を見た時の葛藤やいらだち、目標に対する意欲ととてつもないパワー。おとなになって忘れてしまった『何か』を再認識させてくれるとともに、プロジェクトマネージャ育成本としてのノウハウがたっぷり詰まった良書です。
    子どもにはわからない大人特有の事なかれを突いてくるあたりはドキッとする部分も多々ありました。私には気付きの多い作品です。

  • 数学者のパパは変人で、息子のぼくが数学に向いてないってことがわかってない。数学エリートの高校に入るために、「掘り抜き井戸のスクリュー製作」をしなさいと、突然親戚の家にあずけられた。しかたない、このプロジェクトをやりとげて、自分の事は自分で決められるってパパに認めさせてやる。ところが、そのプロジェクトを教えてくれるはずのおじさんは、息子が亡くなったショックから、居間の椅子に座りこんで口もきかないし、そもそも「掘り抜き井戸プロジェクト」そのものが無かった?どうすりゃいいんだ?
    あらゆるやっかいごとに巻き込まれながら、なんとかしようと一生懸命。小さな町の人と関りながら、数学の才能よりずっとすごい自分の才能に気づく…。ユーモラスでハラハラ、ちょっぴりホロリとするお話。 

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

15年つづけた弁護士の仕事をやめて、子どものころからの夢だった作家に転身。初めての作品『Quaking』が、米国図書館協会のヤングアダルト図書館サービス部会が選定する「読書ぎらいのヤングアダルトも気軽に読めるトップテン」入り。夫、2人の子ども、マクシーンという名前の犬といっしょに、アメリカのバージニア州在住。2010年、本作で全米図書賞(児童文学部門)受賞。邦訳に『ぼくの見つけた絶対値』(作品社)がある。

「2013年 『モッキンバード』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キャスリン・アースキンの作品

ツイートする