幕末外交官――岩瀬忠震と開国の志士たち

著者 :
  • 作品社
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861824135

作品紹介・あらすじ

アヘン戦争など迫り来る外圧の下、将軍継嗣問題と攘夷思想に翻弄される幕閣。指針なき政権と蒙昧な国論の狭間で、身命を賭して列強と対峙した最初で最後の外国奉行たち。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テレビで岩瀬忠震の事を知りこの本を購入。
    歴史解説書みたいなのだと思ってたら、普通に小説やった(汗)w。ちゃんと下調べしろww。

    岩瀬忠震の生涯をまとめた書。面白く読めた。
    読めたんだけど、これだとあんまり岩瀬の凄さみたいなものがなかなか伝わって来なかった。
    もう少し、外交時の苦労や、その凄さが伝わるように書いてあった方が良かったかと。。。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

作家

「2017年 『徳川家康 逃げて、堪えて、天下を盗る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岳真也の作品

幕末外交官――岩瀬忠震と開国の志士たちを本棚に登録しているひと

ツイートする